日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


平成9年(1997)現在の人口は8,455人であるが、13,424人であった昭和30年(1955)に比すれば、37%減少したことになる。しかしこの間世帯数にはほとんど変動がない(表1)。これは人口の流出が挙家離村ではなく世帯員の一部の転出と少子化によるもので、廃村にまで追い込まれた地域は別として、他の過疎地にも共通する傾向といってよいであろう。しかも当町の場合、平成7年から9年にかけては44人とわずかながら増加さえしている。これが人口流出の下げ止まりかどうかは、もう少し推移を見守る必要があるが、鈍化の兆しとみて間違いないと思われる。近時は都市部の人口が減少する反面、近郊の人口増が見られるケースがある。しかしその流れが中山間地域にまで及ぶには、そこで生活が成り立つ受け皿づくりが前提であろう。横田町の場合、好景気時にとった積極的な企業誘致策(7社)の結果、就業の機会がふえたことが、先にみた鈍化ないし微増の原因とみられる。なお高齢化の進展は顕著で平成7年の高齢者率は27.3%、これは島根県の平均よりも高い数字である。

当町の産業構造は、第一次産業のうち基幹産業であった農業は、兼業農家率が90%にも及び、後継者不足と高齢化は深刻である。第一次産業(平成7年度において就業人口に占める割合いは25.0%)に対して第ニ次産業(同前37.7%)、第三次産業(37.3%)の比重が大きくなっているのも、他の過疎地とかわらない(図3)。

 

表1 人口・世帯数及び指数の推移

086-1.gif

 

図3 産業別推移

086-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
771位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
14,317

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から