日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


2 交流事業「いいたて農の大地に生きる会」

 

(1) 自然環境と農村空間を生かした交流活動や農産物の産地直送などを通じて、生産者と消費者を直接結びつける新しい農業のあり方を求める、という理念で村の有志により設立され、行政がこれを支援する形で、平成7年にスタートした。飯舘村の村づくり、交流事業の核となっている。

きっかけは、昭和60年に農協が始めた飯舘牛肉の宅配事業「いいたてミートバンク」。第一便は750人、その後1,500人に増加して大成功を収めた。販路は全国であるが、県 内近隣の都市が多い。この成功に勢いを得て、農業の新しい方向性を検討してきた村 の有志たちが組織したのが「農の大地に生きる会」である。生産者と消費者を結ぶさまざまな交流活動、村の特産品の宅配のほか、農家への民宿や農業体験のあっせんなど、独創的な活動を展開している。平成8年には、東京・原宿にアンテナショップも出店している。

同会は、飯舘村の“ファンクラブ”会員を募集、入会を呼びかけた。 Iターンで村人になってくれる人、村外であっても村人と共に村の行く末を考えてくれる人、産品・施設を通して村のことを分かちあえる人を広く求め、「いいたてのことを一緒に考える人になってください」と訴えている。入会を呼びかける入会案内パンフの中で、菅野村長は“クオリティ・ライフいいたて”のキャッチフレーズで村づくりのビジョンを次のようにうたい上げている―「飯舘村のいちばんの魅力は、村に暮らす「人」だと思います。この村には、自分の故郷について熱く語れる人たちがたくさんいます。農村のよさや魅力というものは、自分たちだけが考えるのではなく、外との交流によって見えてくるものがかなりあります。

 

033-1.jpg

 

033-2.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から