日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


この会議にはどの程度の機器(赤外線補聴システムや誘導ループ、OHPなどの情報保障機器を含めて)が必要なのか、健聴者と難聴者と聾者が一堂に集まって会議する時にはどんな機器をどういった形で配置すればよいのか、など細かく検討することは会議、催事の成功に大きく影響してきます。

また、新設ホールなどが計画された時、どんな設備を必要としているのかを具体的に要望する必要もあります。

これらのことは、決して行政や業者任せにはできない重要なことですが、なかなか全員が全てを理解することも困難なことです。

そういった意味でそれぞれの所属団体での設備専任担当者の存在は非常に重要なことの一つだと思います。

つまり、音響機器や映像機器や補聴援助システムの基本的知識を持った担当者がいることで

1)会議、総会、講演会などの際に会館/ホールの担当職員との詳細打ち合せを行う

2)家庭用機器(テレビ、ラジオ、文字放送デコーダーなど)の接続方法の相談や家庭用補聴援助システムとの接続方法の相談窓口になる

3)新設館や設備改修計画時に設備や備品の希望を具体的な形で提示するなどがスムーズに進行し、自分達の音の環境整備が向上する一助となるのではないでしょうか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
129位
(35,377成果物中)

成果物アクセス数
109,185

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月10日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から