日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


うであれば、メッセージを伝言し、返事をファックスで返してくれる無料のサービスです。登録手続きは、FAX:03-3475-0005に照会して下さい。

その他、NTTは、Fネット(ファクシミリ通信網)サービスを行っています。加入時に800円の契約料だけで下記のサービスを利用することができます。宅内工事不要。どのサービスも非常に便利なものですが、特に相手の呼び出しベルを鳴らさずにFAXを送信できる機能は、電話との切替ミスがなくなるなど利点が大きくぜひ利用したい機能です。

サービスの概要

・無鳴動自動受信:FAX送受信の時に、電話の呼出ベルを鳴らさずに送受信できる。夜間にFAXを送るときに便利。

・一斉同報:  基本料金の場合、10ヵ所まで同時に送信できる。

・再コール:  相手が話し中の時、5回、自動的に再コールする。

・不達通知:  正常に送れなかった場合、不達の理由が返ってくる。

・夜間配送指定:  昼間に原稿を送り、通信料の安い夜間に送り届ける。

・通信料金

 

118-1.gif

 

・照会・申込み: 近くのNTT支店・営業所窓口へ

 

筆談文字通信装置

E-COT・ライトーク・メサージュ等。最近は、モバイルパソコンに、筆談文字通信機能を組み込むソフトも市販されるようになるなど、利用環境が格段に向上してきました。

 

テレビ電話

ISDN回線利用のものや、アナログ回線を利用するもの、さらにインターネットを利用したシステムなど、徐々に広がりつつある。価格的にも手の届かない製品ではなくなってきています。

 

ポケットベル・携帯電話・PHS各社が、文字メールなど文字通信ができる器種を販売するようになり、聴覚障害者の利用が急増しています。携帯電話・PHSなどのサービス提供会社によって、文字の送り方・通信の細部などの規格に違いがあり、問題になっています。しかし、聴覚障害者にとって、移動中に受発信ができるメリットは大きいと思われます。

 

TYY(TDD)

文字電話。英語文化圏では広範囲に利用されています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
128位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
107,158

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から