日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

ISO/TC8/SC6/WG5 ハンブルグ会議出席報告書

 事業名 船舶関係国際標準化活動
 団体名 日本船舶標準協会 注目度注目度5


Von: hobday@ti.com

An: Gunther Kuerbitz/Oberkochen/DE/ZEO@ZEISS

Kopie:

am: 03.09.98

Tel.:

Fax:

 

Betreff: STANAG specs

 

。腮unther,

。腟hank you very much for sending the STANAG specs to me.

。膊y address is:

。膤aytheon TI Systems

>2501 West Universtiy Ave.

。膊ail Station 8030

。膊cKinney, TX 75070 USA

。膠lease send it to the attention of our secretary, MS.Bobbi Hecker. Her

。舊hone number is 972 952 5210.

。脾est regards,

。胼ric

。腆t 04:10 PM 9/3/98 +0200, you wrote:

。茖腑ear Eric,

>>

。茖舩here are (at least) three different stanags on the matter of thermal

。臺mager modeling:

>>

>> 4347 Definition of nominal static range performance for thermal imaging

。舖ystems

>>

>> 4349 Measurement of the minimum resolvable temperature difference (MRTD)

。與f thermal

> > cameras

> >

>> 4350 Calculation of minimum resolvable temperature difference (MRTD) for

。舩hermal

> > imaging systems.

>>

。茖膣ince we have the stanags as hard copies only and since it sums up to

。臑bout 50 pages of paper I will send You the hard copies by mail.

>>

> >Regards

>>

。茖腮unther

>>

>>

。茖腆bteilung/Department: TF

。茖胼rsteller/Author: Kuerbitz

。茖腟elefon/Phone: 07364/20-2365

。茖腱ax/Telefax: 07364/20-3579

>>

>>

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,305位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
2,066

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.ISO/TC8 第17回 モルドン本会議報告書
2.第26回 ISO/TC8/AG 諮問グループ リスボン会議報告書
3.ISO/TC8/SC1 救命及び防火分科委員会 第5回ロンドン会議報告書
4.ISO/TC8/SC2 海洋環境保護分科委員会リスボン会議出席報告書
5.ISO/TC188スモールクラフト専門委員会及び同時開催作業員会リスボン会議報告書
6.ISO/TC188/グループドWG専門委員会及び同時開催作業員会ナポリ会議報告書
7.IEC/TC18及びWGSヒューストン会議報告書
8.IMO/NAV(国際海事機関/航行安全小委員会)第44回 会議出席報告書
9.ISO/TC184/SC4生産応用データ及び言語分科委員会STEP/船用AP作業委員会 北京会議報告書
10.ISO/TC184/SC4生産応用データ及び言語分科委員会STEP/船用AP作業委員会 サンフランシスコ会議報告書
11.ISO/TC184/SC4生産応用データ及び言語分科委員会STEP/船用AP作業委員会 バートアイブリング会議報告書
12.「船舶関係国際標準化活動」の報告書
13.船用アルミニウム合金押出形材(JIS F 2008?1997)の解説
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から