日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地域防犯活動促進モデル地区活動」事業の実施結果報告書

 事業名 地域防犯活動促進モデル地区活動
 団体名 全国防犯協会連合会 注目度注目度5


重点活動事例

 

1 はじめに

平成10年7月25日、和歌山県内の夏祭り会場において飲食物に毒物が混入され、地域住民4人が死亡し、60人を超える人が入院するという事件が発生したが、これを契機として、その後、全国各地において同事件を模倣した悪質な事件が連続発生し、県内においても同種事件の発生が懸念され、また、地区住民の不安も増大していることからモデル地区推進委員の緊急会議を開催し、この種事案の未然防止対策活動を強力に推進することとした。

 

2 未然防止活動

(1)防犯パトロール活動の実施

モデル地区推進委員をはじめ、自治会組織と連携した防犯パトロールを実施し、自動販売機等の周辺において不審物の発見に努める。

(2)店舗等に対する巡回と防犯指導の徹底

コンビニエンス・ストア、スーパーマーケット等の陳列販売店等不特定多数の者が自由に利用できる店舗を巡回するとともに店舗側に対し

○ 販売物品の適正な保管管理

○ 店内におけるスポット放送,掲示物等による顧客への注意喚起

○ 不審物,不審者の早期発見と警察への迅速な通報

等について防犯指導することとした。

(3)地区の盆踊り会場・バーベキュー会場等における警戒活動

地区の盆踊り会場・バーベキュー会場等において防犯パトロールを実施するとともに提供飲食物の警戒に努める。

(4)広報啓発活動の推進

地区住民に対して、不審飲食物への注意喚起の記事を掲載したミニ広報紙を配布する。

 

3 効果

地区のコンビニエンス・ストア、スーパーマーケット等を巡回、指導した結果、同地区における毒物混入事案は皆無であり、また、地区内の全ての盆踊り会場、バーベキュー会場における飲食物に対する警戒活動を実施した結果、同様に毒物混入事案の発生はなく、地区住民から感謝の声も多数聞かれるなど大きな成果が得られた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,250位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
7,529

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「地域防犯活動促進モデル地区活動」の報告書
2.行政サービス向上のためのICカードの総合利用に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から