日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第5章 空中線の取付工事(接地を含む)

 

各機器の空中線の取付場所の決定に当たっては、無線機メーカーの工事要領に従うことを原則とする。しかしながら、限られたスペースに多くの空中線を配置しなければならず、しかも、各空中線を効率よく、装置の性能を十分に発揮させ得るよう、かつ、相互の干渉がないように、さらに、非常の際にも通信機能を確保できるなどの条件を満足させるよう考慮して配置を行わねばならないので、各空中線の性能を100 %満足させることは難しい。このため船主、運用者、無線機メーカーと十分協議して取付場所を決定する必要がある。

 

5-1 空中線配置要領

ここでは、主としてGMDSS用無線設備の空中線の配置に当たっての一般的な注意事項をあげる。

なお、インマルサットCアンテナ、自立形アンテナ、垂直ダイポールアンテナなどについては、5-2以降を参照のこと。

(1) 空中線は、できるだけ高い位置に装備するとともに、送信用と受信用の距離をできるだけ離すこと。

(2) 空中線の相互干渉を少なくするために分散して装備するとともに、空中線の間隔をできるだけ離して装備すること。

(3) 受信空中線は妨害雑音の影響を受けないように送信空中線や雑音発生源からできるだけ離し分散して装備すること。

(4) 空中線(引込部分を含む。)は、煙突、マスト、デリック、ステー、汽笛などの金属製船体構造物からできるだけ離して装備又は展張すること。

(5) 空中線及びその引込線は、船灯、信号灯の射光を妨げず、かつ、風浪などによって振れたり、わん曲しても信号旗や他の構造物に接触しない位置に装備すること。

(6) 油タンカー、LPGタンカーでは、送信空中線は貨物油蒸気開口部から3m以上離すこと。(IEC Type Dのケミカルタンカーの場合は 4.5m以上)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
265,836

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から