日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


配線図には、一般に、次の事項が織り込まれる。

(a) 電気機器概略配置及びシンボル配置

(b) 電線布設概略場所

(c) 主な船体構造物、内装品及び機器類

(d) 系統図に記載の回路符号、電線種別及び通過電線本数

(e) 電線布設基準点からの電線の行き先

(f) 電線貫通金物の使用場所の指定及び電線貫通金物の種類

(g) 電線管使用場所の指定及びサイズなどの種類

電線の布設場所は、多数の電線が通過する主電路については、主電路計画図で、1本あるいは数本の電線が通過する支電路については、本配線図にて概略を指示する。

電線は、できるだけ近寄りやすい場所に直線状に布設し、ロンジ、ガータ、ビーム、フレームなど船殻構造部材を利用して機械的損傷を受けないように計画する。

配線図作成に当たっては、「工事編」第2章に記載の事項を注意しておくこと。

 

10.3.2 配線表

電線長さは、一般に、船の電装工数算定の基礎となるものであるから、その計測及び集計には注意が必要である。

電線の手配は、造船所の建造工程により異なるが、「電線予量表」作成→「電線確定数量表」作成→「電線切断表」作成、のような工程を経て行われる。

電線予量表は、早期艤装の採用などにより、現場の電線布設時期と電線メーカーの製造時期を考慮した発注時期に、電線計測集計作業が終了しない場合があるので、早期に電線を発注するための手段として機能設計段階で作成された系統図、配置図、主電路計画図を基に、概略の電線長さを計測、集計して予定数量を算出する。この時点での集計は、既建造船の実績数量を参考にしたりして行うので、確定数量ではない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
265,836

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から