日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


4.3 インマルサット高機能グループ呼出受信機

インマルサット高機能グループ呼出(EGC:Enhanced Group Calling )受信機は、陸上から送られてくる Safety-Net といわれる海上安全情報及び Fleet-Netといわれる商業的情報を受信するものである。この装置はインマルサットC船舶地球局に付加して専用聴守ができるもので、海上安全情報の無休聴守のためナブテックスのカバレージ外を航行する船舶に搭載が義務付けられている。ただし、インマルサットC船舶地球局にはEGC受信機能が含まれているので、インマルサットC船舶地球局が装備されている場合は、インマルサット高機能グループ呼出受信機を装備しなくても、装備されているものと見做される。

緊急、遭難メッセージや航行上の警報が受信されると、直ちに受信表示がなされ、印字される。インマルサットEGC受信機に対するメッセージサービスとしては、次の3種がある。

(1) Safety-Net サービス

海上保安庁、気象庁などIMOが認めた情報提供機関による陸上から船舶への海上保安情報の放送で、無料提供される。その内容には、次のものがある。

(a) 航行警報(水路機関)

(b) 気象警報、予報(気象機関)

(c) 陸上→船舶向け遭難情報、その他の緊急情報(救助調整本部:RCC;Rescue Cordination Center )

(d) ナブテックスの再放送

(e) 流氷警報(ICE PATROL)

(2) Fleet-Net サービス

加入者対象の商用放送で、船会社、政府等の許可された情報提供業者がCESと契約し、特定のグループのSESに対して放送を行う。受信は有料であり、放送内容には次のものがある。

(a) 全社船に対する一斉放送

(b) ニュース、娯楽放送

(c) 電子海図の修正情報、気象情報

(d) 商品市況

(e) 自国籍船に対する一斉放送

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
265,836

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から