日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】基礎理論編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


7・6・1 サイラトロン

サイラトロンはガラス管の中に陰極と陽極及び格子を構成した、一見真空管と同様な電子管であるが、真空管は管内が高真空であるのに対して、サイラトロンでは管内にアルゴンや水銀などの蒸気が適切な圧力で封入されている。このようなガスを封入した電子管を一般には放電管と呼び、冷陰極放電管と熱陰極放電管とがあって、熱陰極放電管の中で格子を持っているのがサイラトロンである。放電管のシンボルマークは真空管とよく似ているが、管内にガスが封入されているという意味の黒点を付してその区別をしている。(図7・20)

 

181-1.gif

図7・20 放電管のシンボル

 

サイラトロンでは、格子(グリッド)に適当な負の電圧を掛けておく陽極と陰極の間に電流は流れないがその格子の電圧を次第に上げていくと、電流が流れ始める、というよりは管内に放電が起きて大きな電流が流れる。この場合の真空管との相違は、一度放電が起きると、もう格子は陽極と陰極の間の電流を止めたり、その大きさを制御することができなくなってしまい、電流(放電)は、陽極の電圧が放電ができなくなる程度にまで低くなったときに停止し、このとき格子は再びその放電を開始させる機能を取り戻す。(図7・21参照)

 

181-2.gif

図7・21 サイラトロンの特性例

 

サイラトロンは放電が開始されると、管内のガスが陽イオンと電子に電離をして、プラズマと呼ばれる発光をする。この電離をされた電子は、陽極に引かれて電流の一部となり、一方の陽イオンは格子の負電圧に引かれるが、こちらは電子に比べその質量が非常に大きく、移動速度も遅いので、格子に吸収されることもなく、その回りに集まって、格子の負電圧を打ち消す作用のみをするようになる。ただ、これも格子の間隔が狭いと、格子の部分全体が陽イオンで一杯になってしまって、陰極からの電子はそこで陽イオンと再結合して陽極には電流が流れず、放電も止まってしまう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(33,355成果物中)

成果物アクセス数
132,929

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年5月8日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備概論編】(初級用)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装工事編】(初級用)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気工学の基礎編】(初級用)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気機器編】(初級用)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気艤装設計編】(中級用)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気装備技術基準編】(中級用)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【電気計算編】(中級用)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【船舶法規編】(中級用)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【試験検査編】(中級用)
10.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】装備艤装工事編
11.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【レーダー】機器保守整備編
12.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】基礎理論編
13.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】艤装工事及び保守整備編
14.通信講習用 船舶電気装備技術講座 【GMDSS】法規編
15.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(強電用)】
16.船舶設備関係法令及び規則 【資格更新研修用テキスト(弱電用)】
17.船舶電気装備資格者名簿
18.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
19.船舶電子機器装備工事ハンドブック
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から