日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の海上運送に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


付録1

粘着性ばら積み貨物の安全輸送に関する調査研究

平成10年度報告書

 

第1章 調査研究の目的及び位置付け

 

1.1. 調査研究の目的

平成10年8月26日夜、南大東島の南南西約150キロの海上で、インドネシアのGebe島でニッケル鉱を積載し我が国へ向けて航行していたパナマ船籍のばら積み船シープロスペクト号が転覆・沈没した。この事故により船の乗組員21名のうち、11名は救助されたが、10名が行方不明となった(8月27日付琉球新報)。現時点では事故原因は特定されていないが、貨物の荷崩れが事故の直接の原因である可能性は高いと思われる。

粘着性物質であるニッケル鉱は、水分値が一定の値を超えると剪断強度が著しく低下し、荷崩れ発生の可能性(以下、荷崩れ危険性と呼ぶ。)が急激に高まることが知られており、これまでにも、ニッケル鉱運送中のばら積み船の異常傾斜事例が報告されている。ニッケル鉱を安全に運送するためには、水分値の上限を決定する等、貨物が有する荷崩れ危険性を評価することが必要であるが、ニッケル鉱の荷崩れは液状化とは異なる現象であるため、液状化物質に対する運送許容水分値決定法は適用できない。

安全運送のため水分値の上限を決定するには、水分値を変えて貨物の静的剪断強度を計測し、得られた静的剪断強度を用いて荷崩れ危険性を評価すれば良い。ニッケル鉱等の粒状物質の静的剪断強度を計測する方法には、一面剪断試験や三軸圧縮試験といった実験室試験がある。しかし、これらの試験は荷役現場において実施するには適さず、また、一週間以上の期間を要することから、荷役現場で用いることができる簡便な試験法の開発が求められている。本研究の目的は、粘着性ばら積み物質であるニッケル鉱の荷崩れ危険性を評価するための現場試験法(以下、荷崩れ評価試験法と呼ぶ。)を開発することである。

陸上では、地盤の強度を簡便に評価する方法として円錐貫入試験等が用いられる。ニッケル鉱の荷崩れ危険性を評価するにも、基本的には同様の方法を用いれば良いが、試料の調製方法等試験手順や荷崩れ危険性の評価基準は本研究により決定する必要がある。試験法が開発され、鉱石の産地等によらない評価基準を決定することができれば、試料の水分値を変化させて試験を実施することにより、航海中に荷崩れを起こす可能性のある水分値(以下、「水分値のクライテリア」と呼ぶ。)を求めることができる。

荷崩れ危険性から見た水分値のクライテリアは、ニッケル鉱の種類により異なることが知られている。一方、荷崩れの直接の原因は剪断強度の低下であり、水分値の上昇は剪断強度低下の原因であるとも言える。そのため、評価指標として剪断強度の代表値を用いれば、ニッケル鉱の種類(産地等)によらない当該評価指標に基づくクライテリアを設定できる可能性がある。剪断強度の代表値としては、円錐貫入試験の結果として得られる円錐貫入力が適当であり、以下、円錐貫入力に基づく荷崩れ危険性の評価基準を「円錐貫入力のクライテリア」と呼ぶ。

本研究の目的を別の言葉で表現すれば、「荷役現場で容易に実施できる剪断強度評価方法」を規定するとともに、「荷崩れ危険性から見た円錐貫入力(剪断強度の代表値:評価指標)のクライテリア(評価基準)」を設定することであると言える。ここで、荷崩れ危険性から見た円錐貫入力のクライテリアは、鉱石の産地等によらないものであることが求められる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
805位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
13,791

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書
2.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から