日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「危険物の海上運送に関する調査研究」報告書

 事業名 危険物の海上運送に関する調査研究
 団体名 日本海事検定協会 注目度注目度5


1.2. ニッケル鉱の運送状況及び本研究の位置付け

昨年度の報告書でも述べた通り、ニッケル鉱は、フィリピン、インドネシア、ニューカレドニアから我が国に、主として載貨重量二万トンから四万トン級のばら積み船により、毎年約400万トン輸入されている。主な積み出し港を表1.2.1に示す。積み荷役は、一部の港を除いて、沖荷役である。運送・荷役の状況については、平成9年度報告書付録1第1章を参照されたい。

 

表1.2.1. ニッケル鉱の主要積み出し港

057-1.gif

 

ニッケル鉱の安全運送のためには、荷役中における貨物の水分値の増加を防止する措置、即ち雨中荷役を禁止し、バージ運送中における貨物への海水打ち込みを防止する措置を講じるとともに、可能な限りの荷繰りを行うことが重要である。そうした措置を講じないままに、本研究により開発される試験法に基づき貯鉱場における貨物の水分値を低く抑えても、安全を確保することはできない。よって、ニッケル鉱の安全運送のためには、本研究で開発される予定の試験法の利用方法を中心として、荷繰りの方法や荷役中の水分値の増加防止対策についても、さらに検討する必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
805位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
13,791

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「危険物の海上運送に関する調査研究」の報告書
2.「危険物の国際基準策定に関する調査研究」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から