日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


第4章 アウトソーシングの活用

第1節 アウトソーシングの概要

アウトソーシングの概要を以下に整理する。

1−1 アウトソーシングの定義と調査対象

 「アウトソーシング」とは、文字どおり、OUT(外部)のSOURCE(資源)を活用することであるが、当初、情報システム分野を中心に取り組まれた経緯から情報システムに限定したものする考え方もある。U.M.アプテは「アウトソーシングとは情報システム機能の一部または全部を選択的に第3パーティの請負人に移転することである」(1992年)と定義しており、また、島田達巳『アウトソーシング戦略』(1995年)においては、「アウトソーシングとは情報システムについて、ユーザーがベンダーとの間で契約を交わし、設定した水準のサービスを長期間にわたって受けることである」と定義されている。
 しかしながら、近年、アウトソーシングが行われている分野は情報システムに止まらず、総務、経理、福利厚生、人事関連業務等の多岐に発展しており、情報システム分野に限定した定義では不十分である。このような背景から、花田光世『マルチプル・コ・ソーシングによる未来の創造』(1996年)では、「アウトソーシングは、企業にとって専門的なサービスを外の組織に求められていくことにほかならない」と広く定義されている。このほか、西口敏広『共生進化の組織間マネジメント』(1996年)では、「あるまとまりを持つ主要な契約の遂行に、部分的に貢献する契約」と、非常に暖昧な定義がされており、S.A.テスラーが述べているように、「アウトソーシングの定義は非常に暖昧で、年を追うごとに定義が広がっている」状況にある。
 そこで、本調査では島田達巳『実践アウトソーシング』(1998年)を基に「アウトソーシングとは、ある組織からほかの組織に対して、組織の機能やサービスのすべて、もしくは一部を委託すること」と広く定義する。しかしながら、調査対象に関しては、本調査の趣旨から、「地方公共団体における情報システムの運用管理」のアウトソーシングに対象分野を限定し、調査を行うこととする
 なお、アウトソーシングには、「下請け」、「請負」、「外注」、「代行」、「人材派遣」、「コンサルティング」等の類似概念が存在し、その境界は非常に暖昧である。本調査では、花田モデル(花田光世)を基に、アウトソーシングとの区別が比較的容易である「人材派遣」、「コンサルティング」をアウトソーシングと異なる概念として調査対象外とするが、「外注」、「代行」等に関してはアウトソーシングとの区別が困難であると考え柔軟に捉えて調査を行うこととする。

表4−1 アウトソーシング・サービスにおける本調査研究の対象

表4−2 花田モデルによるアウトソーシングの分類と調査対象範囲

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
413位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
27,627

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から