日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5



4−4 プログラム開発
 HTML簡易エディタで作成したHTMLファイルを参考にしながら、HTML文を出力するCGIプログラムの作成を行った。
 ここでは、実際に処理を行うロジックのほかに、前画面や次画面へ情報を受け渡す仕組みが必要になる。そのため、今回は次の2つの方法により情報の受け渡しを行った。

 ?@hidden変数としてHTML文の中に記述する方法(リクエストメソッド)
 ?Aハイパーリンクなどの際にURLに記述する方法(プログラムの引数)

 上記2つの方法とも、2つ以上先の画面まで値を引き継ぐ場合には有効であるが、HTML文のソースやWebブラウザのURLの表示部分に変数名や値が表示されるため、暗証番号など、他人に対して隠す必要がある変数の受け渡しには適していない。そこで暗証番号については、テキスト入力フォームをpasswordにし、submitにより変数を渡す方法を用いた。この場合の変数の受け取り方は、hidden変数と同様の方法で可能となり、特別なロジックを記述する必要はない。
 この他に、情報を受け渡す方法として、クライアント側のディスクに情報を記述するcookieが考えられるが、Webブラウザの設定で、cookieを無効にすることが可能なため、今回は採用を見送った。

4−5 テスト
 テストは、すべての画面をCGIプログラムで作成した後に行うのではなく、設計変更時の対応やバグ発生などの対処のためにも、CGIプログラムの画面ごとに行うことが望ましい。そのため今回は、情報が正確に次画面へ渡せるかを確認するために、受け取った変数名とその値を表示するだけの簡単なCGIプログラムを作成し、テストに利用した。
 なお、プログラム中にバグがある場合は、デバックモードでプログラムを起動して変数をチェックする方法が一般的である。しかし、Web上ではデバックモードでプログラムを動かせないため、プログラムを単独で動かしてチェックする必要がある。この場合には、前の画面より受ける変数を内部に埋め込むなどの作業が必要となる。また、プログラムを単独で動かした場合には、HTMLのソースそのものが画面に表示されるため、実際の画面イメージをつかむことが難しい。

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
555位
(35,650成果物中)

成果物アクセス数
21,062

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年3月18日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から