日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

第21回 アジア太平洋造船専門家会議(議事概要・各国提出資料)

 事業名 造船専門家会議の開催
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


タイ

 

タイ造船産業

 

序論

 

造船業はわが国の海事産業にとって本質的に重要なものである。国内で造船・修繕船活動が行われていなければ、船舶の運航コストがかさみ、それが国民の生活水準に悪影響を及ぼす。

タイにおける造船活動は海運と同時に発足したが、それは400年以上昔のアユタヤ王朝の時代までさかのぼる。当時タイの商船隊は中東、日本、中国、その他の近隣諸国への国際航路で活躍していた。近代技術の急速な発展とともに、他の多くのアジア諸国と同様、タイも欧米諸国に後れを取った。タイの造船業は現在、大幅な改善を必要としている。

 

? タイ造船業の現状

 

1995年6月現在、タイには213の造船所がある。これらの造船所は建造または修繕可能な船型により、3区分に分類することができる。

108-1.gif

上記の造船所はそれぞれ鋼製、アルミ製、木造、FRP製の船艇に特化している。大半は新造船、修繕船の両方を手がけている。

 

? 新造船・修繕船市場

 

タイの大手造船所の大半は、国内の海運企業、政府機関、海軍など、自国内からの受注に全面的に依存している。しかも能力の制約から、国内の造船市場は内航用の小型船のみに限定されている。これらの小型船は以下の船種に分類することができる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,802位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,781

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「造船専門家会議の開催」の報告書
2.平成9年度通信教育 造船科講座のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から