日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

伊勢街道市場庄の町並

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


たダイニングキッチンとする改造例が多い。この種の改造は昭和三〇年代以降に見られる。

非伝統的形式の住宅の出現

市場庄で、伝統的な町屋の形式が揺らぎ、それ以外の形式の住宅が出現するのは大正期以降のことである。非伝統的な形式の住宅は次のように、大正・昭和戦前期と戦後期のものに大別できる。

大正・昭和戦前期

平面構成はそれ以前のものと本質的な相違はないが、上屋桁高の低い平屋となり、表二階の居室、裏二階の屋根裏収納は消滅する。また、妻入は維持されるが、屋根は従来の切妻造ではなく、入母屋造となる。また、主屋を街道から後退させ、街道との間に前庭、塀を設ける例も現れる。

昭和戦後期

この時期の特色は、建ちを高め、天井高の高い複数の二階居室を設けることである。また、屋根も妻面を街道に向ける構成は維持されるものの、大屋根や下層の屋根、玄関などにそれぞれ入母屋破風を設け、妻をいくつも重ねた表構えが一般化する。

住宅産業の進出

住宅産業によるプレハブ住宅の進出は、近年になってからの傾向である。在来工法による建て替えは、非伝統的形式になるものの、妻入の形態は維持されているが、プレハブ住宅は町屋とは全く異質な配置、形態、素材、色彩によるものであり、町並の中での違和感は大きい。今後、この種のプレハブ住宅は更に普及していくことが予測される。

自家用車の普及

市場庄では、敷地内に十分な駐車余地のある例が多く、駐車スペース確保を目的とする改変は必ずしも多くない。しかし、建て替え例では、建物を後退させ、街道との間を駐車スペースに当てる例も増加しつつある。

下水道整備の影響

今後、市場庄では下水道工事が進行中であり、完了後は水廻りの改造が進行することが予測される。

 

7.周辺地域の町屋との比較

市場庄の妻入町屋は次に示すように、周辺地域の町並に類似する町屋が殆ど見られない点で特異である。同系に属すると考えられるのは伊勢(宇治山田)周辺の妻入町屋であるが、なお

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
995位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
11,288

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.眺山丘陵と下小松古墳群
2.中山道柏原宿まちなみ調査
3.広報誌「自然と文化 55号」
4.広報誌「自然と文化 56号」
5.広報誌「自然と文化 57号」
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.「観光通訳研修会」開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から