日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

伊勢街道市場庄の町並

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


市場庄の町屋は、ミセやナカノマの上手に押入に代えて戸棚を部屋の幅一杯にはめ込み、小物の他、衣類、座布団、布団を収納する。これらは上間側に相対した、人目に付く位置を占め、装飾的な効果を上げている。このような戸棚は周辺の町並では殆ど例を見ないが、一方、市場庄ではこの戸棚を整えなければ、家を建てたことにならないとされ、重要視されている。

特にナカノマの戸棚は、欅材を使用して拭漆仕上としたもので、戸板には木目の美しい幅広材が用いられ、飾り金物も上質で見事である。一方、ミセにはナカノマと同等程度の戸棚か、舞良戸状の戸板を用いたややおとなしい意匠の戸棚を用いる。

また、ナカノマには、この戸棚と同仕様の欅材の仏壇を戸棚と並べるのが普通であり、更に神棚もナカノマに設けられるのが通例であるため、ナカノマはザシキとは別個の格式的な表現と重要性を持つ居室となる。

このような戸棚は江戸末期には既に見られ、昭和戦前期頃まで作り続けられていくが、江戸末期ないし明治期のものは比較的地味であり、華やかなものは大正期ないし昭和戦前期のものである。市場庄の町屋の戸棚を作った職人はあまり明確ではないが、大正期には松阪西町の指物職人「差徳」、同船江町の「差文」が仕事をした例が知られる。

仏壇

幅半間程度であり、戸棚と同様に欅材の拭漆仕上とし、戸棚とともにナカノマの部屋幅一杯に組み込むことが多く、また、少数ながらザシキの床脇に据える例や、ナカノマとザシキの中間を独立したブッマとしてここに据える例、ミセに据える例も見られる。三重県下で例の多い黒漆塗の仏壇は、市場庄ではあまり一般的ではない。

神棚

神棚はナカノマに設けられるのが普通であり、南面または東面するように差鴨居に棚を吊って納める。多くは既製品であり、制作年代も比較的新しいようである。

 

5.市場庄の町並を作った職人たち

大工

大工の判明するのは、次の例があり、明治期には「大角(だいかく)」こと中村八百吉・文翁大工、大正期には梶田大工などの活動例が知られる。これらを初めとして大工の殆どは市場庄に居住する者である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
995位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
11,288

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.眺山丘陵と下小松古墳群
2.中山道柏原宿まちなみ調査
3.広報誌「自然と文化 55号」
4.広報誌「自然と文化 56号」
5.広報誌「自然と文化 57号」
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.「観光通訳研修会」開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から