日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

伊勢街道市場庄の町並

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


の時期に区分することができる。それによれば、市場庄の町屋は概ね大正初年頃までは、歴史的な構成を維持していることが分かる。

1)江戸〜大正初

伝統的な町屋が再生産されていた時期。この時期は更に、

江戸〜明治中

明治中〜大正初

に二分できる。江戸〜明治中は、街道交通が機能していた時期であり、妻八町屋の正面を街道に開放して街道通行者を相手の商売が行われていた。

一方、明治中〜大正初は、参宮鉄道が開通して街道交通が衰退したため、街道通行者を相手の商売が低調になり、伝統的な町屋の骨格を維持しながらも、正面に出格子を設けた時期である。また、従来は一般的でなかった平入町屋が出現するなど、新たな傾向が現れてくる。

2)大正初〜昭和二〇年代

建ちの低い妻入平屋が出現する。これは一階平面は従来の町屋と同様であるが、表二階の居室や裏二階の屋根裏収納を持たない点で異なり、また、屋根もそれ以前の町屋が切妻造であるのに対して入母屋造となる。

3)昭和三〇年代〜

二階に天井高の高い複数の居室を設けるため、建ちの高い二階屋となる。屋根は入母屋造を多用し、妻面を街道に向け、

二階屋根や一階屋根、玄関屋根などの破風がいくつか重なったものとなる。

 

2.町屋主屋の基本構成

市場庄の町屋は妻入を基本的な形式としている。以下ではこの妻入町屋について述べ、必要があれは平入町屋についても、適宜触れていく。

上屋と下屋

妻入町屋は大屋根を受ける上屋部分と、その側面や背面に取付く下屋部分からなる。上屋部分の間口は三間半〜四間半程度であり、その規模はほぼ一定している。また、上屋部分の奥行は六間前後となるのが普通である。

側面の下屋は、土間側に張出す場合(下手側、市場庄では南側)と北側(上手側)に張出す場合がある。南の下屋の張出しは通常、一間前後であり、土間回りの諸室の規模を拡大するた

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
995位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
11,288

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.眺山丘陵と下小松古墳群
2.中山道柏原宿まちなみ調査
3.広報誌「自然と文化 55号」
4.広報誌「自然と文化 56号」
5.広報誌「自然と文化 57号」
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.「観光通訳研修会」開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から