日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

伊勢街道市場庄の町並

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


5.社寺と伝承地(由緒沿革、位置、合祀)

街道筋の家並みから水田を隔てて、市場(いちば)の長宮(ながみや)さんと呼ばれてきた字権現角667番地に米ノ庄神社がある。『伊勢路見取絵図』では、熊野三社権現を一番奥に祭り、浜宮、児ノ宮(蛭児社か)、蔵王ノ社などの社殿と参道の鳥居が並ぶ。南方に社護神(しゃごじ)、市神(いちがみ)の社と鳥居を描く。

一村一社の統合方針により、明治41年(1908)1月22日には、旧米ノ庄村内の大小の神社20社が市場庄の熊野神社に合祀して、米ノ庄神社と単称することが許可され、3月29日に地元の関係者により執行された。

大字市場庄からは村社熊野神社境内社の蛭児神社と蔵王神社、無格社新宮神社とその境内社天神社、厳島神社、山神社の6社、大字久米からはいずれも村社の南須賀神社、北須賀神社、宇気比神社、三狐神社の4社、大字中ノ庄からは村社浦船神社と無格社の蛭児神社、清滝神社、菅原神社の4社、大字上ノ庄からは村社須賀神社とその境内社宇気比神社、国玉神社、稲荷神社と無格社稲荷神社の5社の合祀であった(三重県神職管理所公報)。

市場の家並みの中ほどから少し入った字南邑(なんゆう)573番地には、永平寺を本山とする曹洞宗の護法山神楽寺がある。本尊は釈迦如来坐像。富山大安寺五世聖山巖祝が慶長16年(1611)3月が開いたという。

始めは米ノ庄神社に合祀された熊野権現社の別当寺として、舞楽を奏し祭供の道場で権現坊護国院と称し、後の慶長頃に曹洞宗に改め神楽寺と称したといわれる(三雲庶民史)。

『伊勢路見取絵図』には、イキ檗宗の門を模した山門と本堂、観音堂が描かれていて、現在もその姿に近い。この『見取絵図』には東隣に道をへだてて「庚申堂」があるが、今は神楽寺境内に移されて祭られている。

神楽寺の北側から米ノ庄神社へ至る道角には、宝暦元年(1751)1月に江戸の鳳岡関思の書いた字を刻んだ「忘井之道」の道標がある。「忘れ井」は米ノ庄神社への道の途中にあるが、『千載集』の、

天仁元年斎宮群行のとき、わすれ井といふ、所にてよめる

斎宮甲斐

わかれゆく都のかたの恋じきにいざむすびみむ忘井の水

にあやかった伝承の地であろう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
995位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
11,288

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.眺山丘陵と下小松古墳群
2.中山道柏原宿まちなみ調査
3.広報誌「自然と文化 55号」
4.広報誌「自然と文化 56号」
5.広報誌「自然と文化 57号」
6.「観光資源の調査及び保護思想の普及高揚」の報告書
7.「観光通訳研修会」開催のお知らせ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から