日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ライフサイエンスシリーズ「ナースのための最新感染症学」

 事業名 保険医療に関する教育及び調査研究
 団体名 ライフ・プランニング・センター 注目度注目度5


です。AIDS患者の全経過を通して75〜85%の人がカリニ肺炎を合併するといわれています。AIDSの初発症状として以前は6割くらいの人にカリニ肺炎を合併したわけですが,いまはST合剤などの予防的治療が進歩,普及して,初発症状としてカリニ肺炎は1994年の段階で30%になりました。CD4が200未満になるとST合剤などによる予防的治療を行いますが,それが非常に有効なわけです。

そのほか合併症として多いのはカンジダ食道炎やサイトメガロウイルスによる網膜炎や全身性の感染症,末期ではAIDS脳症が40〜70%,それから進行すると播種性非定型抗酸菌症(Mycobacterium auium complex)が30〜40%の人に見られます。

 

11.AIDS患者の合併感染症の治療と予防

カリニ肺炎に対してはST合剤という薬がよく使われて,これによって3週間治療を行って8割の人は軽快します。それが副作用のために使えない場合はペンタミジンの静注を使います。治療したあとに予防的な維持療法をしないと高率に再発を起こしますので,治ったあともST合剤を少量続けてもらって再発予防をするわけです。またCD4が200を切ると発症する前からこれを予防するための投薬を行います。

トキソプラズマ脳症も治療できます。これも一生にわたる治療が必要です。

カンジダ食道炎も治療ができます。フルコナゾール,イトラコナゾール,アンフォテリシンBなどを使うとよくなります。維持療法としてフルコナゾールなどを生涯続ける必要があるわけです。

クリプトコッカス髄膜炎はAIDSで一番多い髄膜炎です。クリプトコッカスという真菌の一種が起こす疾患で,これにはアンフォテリシンBが効きます。あるいはフルコナゾールがよく効く場合もあります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
290位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
39,645

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「保険医療に関する教育及び調査研究」の報告書
2.生活医学シリーズNo.115「生活習慣病としての心臓病」
3.生活医学シリーズNo.116「ストレスと心身症」
4.生活医学シリーズNo.117「家庭介護のコツ?朝の身じたく、身だしなみ」
5.生活医学シリーズNo.118「コレステロールと私たちのからだ」
6.生活医学シリーズNo.119「心のケアと人間的成長をはかるカウンセリング」
7.ライフサイエンスシリーズ「電話相談技法」
8.ライフサイエンスシリーズ「緩和ケアにおける症状観察とコントロール」
9.国際フォーラム・ワークショップ「病院、外来及びホスピス、在宅ケアのQOL向上をめざして」テキスト
10.セミナー・講習会案内パンフレット一式
11.JBS日本福祉放送 収録風景写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から