日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

離島航路の維持・振興等に関する調査研究

 事業名 離島航路の維持・振興等に関する調査研究
 団体名 関西交通経済研究センター  


1)日振〜宇和島航路

@航路概況

当航路は、愛媛県宇和島市と沖合の戸島・嘉島及び日振島を結ぶ航路であるが、宇和島市と地続きの半島部の港にも寄港する。航路は貨客船による普通便(1便/日)と高速船による高速便(6便/日)があり、後者は「戸島・将渕線」と「日振・嘉島線」がある。宇和島港から各港に寄港して再び宇和島港に戻るまでに要する時間は、高速船で1時間24分〜1時間57分である。

055-1.gif

旅客数は年間8万人程度で減少傾向であるが、その主な原因は航路依存人口の減少と夏季の海水浴客やキャンプ客の減少である。また、半島部分の道路整備が進むにつれ、島から近い半島まで自家用船を利用し、半島部は自家用車を利用する者が増えたことによる利用者離れも原因であろう。

島民の生活航路としての役割を果たしており、観光客は少ない。通常の利用者の他に、お盆と正月には帰省客が増える。夏の帰省シーズンには増便により対応している。住民以外では、釣り人がやや目立つ程度である。以前は、愛媛県が島内へ設置した海水浴場やキャンプ場への来訪客がかなりあったが、「鮫騒動」や「宇和島市内でのプール設置」などにより、現在は来訪客が激減した。

島内には夏季のみの民宿が2軒あるが、観光客誘致に寄与するような観光施設はない。島民は漁業や真珠養殖業に従事しており、無理をしてまでの観光地化を望んでいない。

運航事業者は、純粋民間企業である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,681位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
4,931

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.「離島航路の維持・振興等に関する調査研究」の報告書
2.神戸港のハブ機能強化に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から