日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

離島航路の維持・振興等に関する調査研究

 事業名 離島航路の維持・振興等に関する調査研究
 団体名 関西交通経済研究センター  


第2章 離島航路の現況

 

1. わが国の離島航路の現況と課題

 

1)わが国の離島航路の現況

離島や陸上交通機関隔絶地域の地理的制約からくる「隔絶性」は、生活、産業、文化の発展にとって大きな阻害要因となっており、この解消もしくは緩和のために交通体系の整備を積極的に図ることが求められている。

離島航路は一般に利用者が少なく、赤字航路であることが多いが、生活航路として不可欠であるため、離島航路関係の助成措置として離島航路整備費補助(標準化した欠損額を補助)、離島航路船舶近代化建造費補助(建造費の10%補助)などが設けられている。

昭和27年に制定された「離島航路整備法」では、離島航路を「本土と離島とを連絡する航路、離島相互間を連絡する航路その他船舶以外には交通機関がない地点間又は船舶以外の交通機関によることが著しく不便である地点間を連絡する航路」と定義し、その「維持と改善を図り、もって民生の安定及び向上に資する」ことを目的とし、離島航路整備費補助が実施されている。

今回の調査研究対象の舞鶴航路は、厳密には離島ではないが、公共交通機関が不備で、生活の足として海上航路が不可欠なため、離島に準ずる地域として、近畿運輸局管内唯一の離島航路整備費補助の対象となっている。運航事業者の有限会社舞鶴汽船は、毎年度補助金の交付を受けている。

一方、沖島航路は、島民にとって不可欠な公共交通機関であるが、複数の事業者が運航しているため、競合の存在する航路は採算可能とみなされ、離島航路整備費補助の対象航路とはなっていない。

008-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,681位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
4,931

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.「離島航路の維持・振興等に関する調査研究」の報告書
2.神戸港のハブ機能強化に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から