日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


日本の選択:海洋地政学入門

海軍力に関する諸外国の事例

 

平間洋一(防衛大学教授)

 

は じ め に

わが国は第2次大戦に敗れて国富の大半を失ったが、持ち前の勤勉さと有史以来の平和に恵まれて、世界有数の経済大国へと成長した。しかし、日本人の海に対する思考は陸岸から遠く離れた外洋(Ocean)には及ばず、この繁栄が海洋の持つ輸送力、海洋の持つ資源、安全保障に対する寄与など、海洋の数々の恩恵に支えられてきた事実を理解している者は少ない。特に、日本では領海外を行動し、わが国の安全保障や国際関係に直接的影響を与える海上防衛力の主体である護衛艦の運用には種々の制約を加え、国家の繁栄に不可欠なシーレーン(Sea Lane)の安全を確保し、平和維持活動など多様な機能を発揮する海上自衛隊の適切な利用を拒み続けて来た。確かに、コロム(Sir Philip Colomb)少将やマハン(Alfred Thayer Mahan)少将によって開花した海軍戦略は、強大な海軍力を背景とした力による攻撃的・帝国主義的な色彩が強く、専守防衛しか許されないわが国では、本来的な意味での海洋戦略を論ずることは国情から困難であった。しかし、海洋力や海軍力は海洋国たる日本の繁栄や、安全を考える場合に不可欠な最も重要な要素である。そこで、本論では政治的制約を離れ、諸外国を例に、海洋力や海軍力の特質や価値などについて述べてみたい。

 

1 海洋の特性とその価値

(1)海洋の連続性

寛政の昔に「江戸日本橋の水は英京ロンドンのテームズ河に通ず」、と林子平が喝破した海洋の連続性は、時代を経た今日でも変わらぬ真理であり、海洋の第1の価値は交通路としての価値であり、海洋の存在するところは、どこへでも安価・多量の物資を容易に運び得ることである。第2次大戦までは、資源の有無と内陸交通の難容(鉄道や道路網の有無)が、近代国家発展の基本的要件であった。しかし、科学技術の進歩はコンテナー船、LPG船、ラッシュ船や、機動力の高いトラックと安い運賃の長距離カーフェリー、超大型タンカーとシーターミナル(CTS:Central Terminal Station)を組み合わせた、新しい海上輸送システムを出現させた。そして、陸上輸送や航空輸送に対する海上輸送の優位を圧倒的なものとし、現在では資源の有無よりも海上輸送の難容、特に港湾の良否が国家の発展を左右する大きな要素となった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
156位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
86,764

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から