日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

大都市行政制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


京都独特の伝統的な町家等,独特の都市景観をかたちづくられているのも本市の特色と言える。

しかし,近年の木造住宅の老朽化による建て替えや土地の高度利用の進行,また,無秩序な屋外広告物の氾濫等のなかで,市民の快適空間として重要な一部を占める歴史的環境や都市景観が大きな影響を受けている。

<具体的取り組み>

こうした中で,美しい自然や歴史的遺産を保全し,これと調和した,ゆとりと潤いをもたらす都市景観を確保するため,それぞれの地域の特性を生かしながら,歴史文化環境の保全や個性ある都市景観の創造に努めている。

最近の取り組みとしては,次のようなものがある。

・歴史的風土保全地区の指定拡大

・電線類地中化事業の推進

・祇園町南側等の景観整備計画の策定

・都心地域の整備ガイドプランの策定

・屋外広告物等条例の施行

 

4 地球環境問題への取り組み

昨年12月に本市で開催された「地球温暖化防止京都会議調は,難産の末温室効果ガスの各国別の排出削減目標を曲がりなりにも設定して,地球環境の保全を図っていく上で大きな一歩を画した。

本市においては,平成4年に「京都市における地球環境問題への取り組み方向」を定め,啓発を中心に取り組みを進めてきたところであるが,これまでこの分野での取り組みが進んでいるとは言い難い状況ではあった。しかし,会議成功へ向けた環境市民団体,経済界,学会,行政等の全力をあげた幅広い取り組みと連携を通じて,今後,本市が環境先進都市として前進していく基盤作りが出来つつあると言える。

(1)京都市地球温暖化対策地域推進計画の策定

地球温暖化防止京都会議のホスト都市として同会議を成功させ,その成果を守り育てていくためには, C02の削減目標を高く掲げ,率先して地球温暖化防止に取り組んでいく必要があるとの認識から,「本市域におけ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,634位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
6,276

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年7月号(120号)
8.自治だより平成9年9月号(121号)
9.自治だより平成9年11月号(122号)
10.自治だより平成10年1月号(123号)
11.自治だより平成10年3月号(124号)
12.コミュニティの地区指定概況
13.REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN
14.フランス地方税便覧
15.ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
17.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
18.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
19.地方税制度に関する調査研究
20.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
21.ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から