日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

大都市行政制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


「エコシティちば」をめざして

 

千葉市企画調整局企画課長

岡田 和哲

 

1 は じ め に

 

自動車・クーラー・カラーテレビが、「三C」あるいは「新三種の神器」と呼ばれて大衆化し始めたのは、30年ほど前のことと記憶している。千葉市内の乗用車(普通・小型)保有台数の推移を見てみると、昭和45年に約1万台であったものが、昭和50年には約8万台、昭和55年には約13万台と著しく伸びた。平成8年には30万台を超え、世帯数とほぼ同数になっている。

本市には、日本最大級といわれる加曽利貝塚をはじめ、縄文時代の貝塚が約110か所も分布しており、世界的にも稀な、貝塚が密集した地域である。

6千年も昔のこの地で、自然の恵みを享受しながら豊かな文化を育んだ先人達。そこから脈々と続く文明の歴史から見ればほんのまばたき程度の間に起きた、モータリゼーションの進展やエネルギー消費の増大にみられる経済社会システムの変容。先の読めない混沌の時代を生きていくなかで、将来の世代に、環境問題という負の遺産を残さないために、私たちは、何をすべきであろうか。

 

2 産業型公害から都市・生活型公害へ

 

千葉市は、緑と水辺に恵まれた豊かな自然環境のもとで、都市としての形成、発展の過程を歩んできた。

昭和20年に2度にわたる空襲を受け、中心市街地の約7割が焼け野原となったが、昭和25年以降、臨海部埋立地に製鉄所や発電所が進出し、京葉工業地帯の一翼を担うようになった。さらに、高度経済成長とともに、臨海部には食品コンビナートや、木材・自動車等の荷揚げ積出しをする基地が次々に整備され、内陸部にも鉄工業団地、印刷団地等が立地した。

このような急激な工業都市化に伴い、工場等から排出される汚染物質による大気汚染等の産業型公害が発生し、市民の健康被害も深刻化した。本市で

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,634位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
6,276

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年7月号(120号)
8.自治だより平成9年9月号(121号)
9.自治だより平成9年11月号(122号)
10.自治だより平成10年1月号(123号)
11.自治だより平成10年3月号(124号)
12.コミュニティの地区指定概況
13.REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN
14.フランス地方税便覧
15.ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
17.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
18.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
19.地方税制度に関する調査研究
20.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
21.ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から