日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


和歌山ふるさと

環境シンポジウム

 

ごあいさつ

 

005-1.gif

 

高野町長 西 田 正 弘

 

ネイチャーフレンドシップクラブ設立記念「和歌山ふるさと環境シンポジウム」が和歌山県の西口知事を初め、自治大臣官房企画室の水本課長補佐、その他、関係者多数の皆さん方のご参加を得て、ここに盛大に挙行されますこと、地元高野町にと,ましてこの上もない光栄であり、感謝を申し上げる次第でございます。

実は、私は高野山全体が自然公園であるといった考え方で、行政を進めてまいっております。高野山には117の寺院がございます。西の大門から東の御廟まで約4キロあるわけでございますが、その中には寺院もあり、さらに商店街もあり、住宅もあるといった中で、できるだけ自然に適合した町づくりを目指し、電線の地中化や建築物の屋根の形状等、できるだけ自然と申しますか、風景にマッチした町づくりを進めてまいっております。

さらに、高野三山と申しまして、転軸山、摩尼山、場柳山の134ヘクタールにつきましても自然公園といったことで整備を進めておりまして、ちょうど10年目になります。

そういった状況の中で一人でも多くの方がおいでいただいてこの高野山の自然を満喫していただけるような環境づくりをいたしたいと思います。後でご講演をいただく姉崎先生も、一昨年当地で行なわれましたゲンジの森の植樹祭にも参加をしていただきました。

ネイチャーフレンドシップクラブ設立記念ということで内容を見せていただきますと、「パネラーや参加者から意見を通じて運動の方向性や自主性を導き出し、運動方針を合い言葉とともに県内外に宣言する。また、今後、当運動を実施していく主体としてネイチャーフレンドシップクラブの設立を行う」ということのようです。つまり高野町から県内へ、さらに近畿へ、日本へといった形でクラブが進んでいくわけです。その最初の記念シンポジウムということで、私といたしましても、これを契機に高野町、特に高野山の自然環境の保護、自然と共生するといったことに努めてまいりたいと考えております。

どうか本日ご参会の皆さん方には、今までも大変お世話になっておりますが、今後ともさらなるご指導、ご支援を賜りますようお願いを申し上げまして、簡単でございますが、お礼とお願いのごあいさつにかえさせていただきます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,048位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
1,508

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年7月号(120号)
8.自治だより平成9年9月号(121号)
9.自治だより平成9年11月号(122号)
10.自治だより平成10年1月号(123号)
11.自治だより平成10年3月号(124号)
12.コミュニティの地区指定概況
13.REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN
14.フランス地方税便覧
15.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
17.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
18.大都市行政制度に関する調査研究報告書
19.地方税制度に関する調査研究
20.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
21.ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から