日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

自治だより平成9年11月号(122号)

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


歴史・文化あふれる文化都市づくり

伊藤 勝弘(千葉県佐原市商工観光課)

 

佐原市の概要

佐原市は、千葉県の北東部に位置し、人口約5万人、面積119.88k?を有する地方中小都市です。坂東太郎利根川の流れに育まれ、「全国水の郷百選」に選定された水と緑に恵まれた美しい水郷の町です。

香取神宮、水郷、十二橋等の観光資源に恵まれ、年間350万人を超える観光客が訪れています。

 

地図のまち佐原

日本で初めて実測による日本地図の作成者である伊能忠敬(1745〜1818)は、佐原が誇る郷上の偉人で、地元では「ちゅうけいさん」の愛称で市民に親しまれています。伊能忠敬は、50歳の時家業を息子に譲り、江戸にでて天文学を学び56歳の時に蝦夷地方の測量に出て以来74歳で生涯を開じるまでの間、全国各地の測量を行い、実に四千万歩、地球を約1周した距離を歩いたそうです。江戸時代の平均寿命を考えると驚異的なことです。

定年後の第二の人生、生涯学習が問われている中、伊能忠敬の残した足跡は現代入にとって大きな教訓といえます。

このような伊能忠敬の偉業を市ではたたえ、平成3年から「地図のまち佐原」を地域CIとして提唱しています。伊能忠敬を育んだ町として翁の生き方を見習い、地図に関連したまちづくりを進め、特に、(社)佐原青年会議所をはじめとする市民の多くの方々のご協力をいただき、毎年イベントを開催し定着を図っています。

「地図のまち佐原」のシンボル施設として、伊能忠敬生誕250周年記念事業として地元出身の篤志家からいただいた二億円の寄付金を浄財に平成7年に伊能忠敬記念館建設に着手しました。この記念館は平成10年5月にオープンする予定で、伊能忠敬に関する資料を幅広く収集、保存、展示するほか、測量の偉業をハイビジョンで再現します。

012-1.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5,204位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
897

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年7月号(120号)
8.自治だより平成9年9月号(121号)
9.自治だより平成10年1月号(123号)
10.自治だより平成10年3月号(124号)
11.コミュニティの地区指定概況
12.REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN
13.フランス地方税便覧
14.ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書
15.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
17.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
18.大都市行政制度に関する調査研究報告書
19.地方税制度に関する調査研究
20.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
21.ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から