日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

自治だより平成9年7月号(120号)

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


世界的「地方の時代」の到来

―第33回IULA世界会議の概要―

辻 誠二(東京市政調査会常務理事)

 

1. はじめに

私は、今年4月、(財)自治総合センターが組織した「国際地方自治体連合(IULA)世界会議出席とシンガポール行政視察団(団長は柴田護同センター顧問、総勢12名)」に参加し、アフリカのモーリシャスで開催された第33回IULA世界会議に出席し、その帰途シンガポールに立ち寄り、有意義で貴重な体験をすることができました。以下、私なりに理解した今回の会議について、その概要をご紹介させていただきます。

 

2. IULAとモーリシャス

(1)IULA

IULA(The lnternational Union of Local Authorities)は、第1次世界大戦が勃発する1年前の1913年に、ヨーロッパを中心に結成された国際的な地方自治体の連合組織です。現在、世界の約100か国の、400近くの地方自治体連合、地方自治体並びに関係団体(中央政府も含む)、民間団体、個人が会員として加入しています。いくつかある地方自治体の国際的連合組織の中で、最も古くて大きく、先導的な役割を果している団体です。日本では、私が勤務している(財)東京市政調査会を含め、自治総合センター、(財)自治体国際化協会、自治大学校など6団体が会員になっています。

IULAは、重要な活動の一つとして、2年ごとに世界会議を開催していますが、今回、はじめてアフリカ地域で開催されることになり、開催地としてモーリシャスが選ばれたのです。

(2)モーリシャス

今回の世界会議の開催地となったモーリシャスは、日本ではあまり知られていません。南緯20度にあり、マダガスカル島の東800キロのインド洋上に浮かぶ風光明婿な火山島で、全島にさとうきび畑が広がり、周囲を珊瑚礁が囲み、特にヨーロッパ人にとって絶好のリゾート地の一つになっており、「インド洋の真珠」とも呼ばれています。他の多くのアフリカの国と同様に、植民地統治(オランダ領、フランス領、イギリス領と変遷)から、1968年に独立し、更に憲法を改正して1992年共和国(英連邦所属)になりました。

面積は2045k?、人口は112万人(1994年)ですから、沖縄県(面積2265k?、人口122万人)に類似した規模です。歴史的地理的理由から、ョーロッパ、ァフリカ、アジアからの移民が混在し、宗教もヒンズー教、イスラム教、キリスト教、儒教、仏教等種々ですが、多くの民族が、一方でそれぞれの伝統・文化・宗教を守りながら、他方で互いの文化信条を尊重しつつ、兇悪犯罪もほとんどなく、平和的に共存しています。民度も比較的高く(識字率90%以上)、1人当りGNPはアフリカの中では高く、3040米ドル(1994年・第4位)となっています。

後でも述べますが、今回の会議のテ―マは、「地球村における地方分権、多様性とパートナーシップ」でしたが、この会議が、人種差別、貧困、飢餓、内戦、虐殺等多くの問題をかかえているアフリカ地域の中にあって、珍しく、平和で調和のとれた多元社会を実現しているモーリシャスで開催されたことは、特に意義深いものがあったと言えます。

008-1.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,647位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
1,107

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年9月号(121号)
8.自治だより平成9年11月号(122号)
9.自治だより平成10年1月号(123号)
10.自治だより平成10年3月号(124号)
11.コミュニティの地区指定概況
12.REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN
13.フランス地方税便覧
14.ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書
15.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
17.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
18.大都市行政制度に関する調査研究報告書
19.地方税制度に関する調査研究
20.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
21.ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から