日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

自治だより平成9年7月号(120号)

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


007-1.jpg

「豊かさと健康にあふれた文化と梅のまち」をめざして

工藤 正吉(秋田県琴丘町長)

 

琴丘町は秋田県の北西部、北緯40度線上にあり、東には房住山、その奥には森吉の山並み、奥羽山脈と続いており、西には八郎潟千拓地大潟村、その向こうには男鹿半島、日本海があり、自然豊かな農村農業の町です。

町では平成4年8月から、4大プロジェクトとして?運動公園、?房住山開発、?梅の町、?土笛(つちぶえ)の里、の計画を進め、事業の推進に努めております。

?運動公園は平成7年に野球場が、平成8年に多目的広場が完成し、多くの人に利用されております。今後はピクニック広場、テニスコート等を順次整備する予定であります。また、平成19年の国体に向け、体育館建設も予定しております。野球場はメインスタンド、内外野スタンド、一部電光式のバックスクリーンが整備されており、高校、社会人等の野球大会等に、また、プロ野球イースタンリーグ公式戦もオープンから3年連続で開催され、県内でも有数の野球場との評価を得ております。また当町は昭和60年に「体育の町」を宣言し、町民の健康増進と体力づくりのためのスポーツ活動が盛んに行われており、これらの町民のニーズに合わせ、施設の有効活用に努めております。

?房住山(標高409.2m)の登山道には二十二観音像の石仏や寺房跡があり、「伝説と信仰の山」として名が知られています。

房住山の自然を活かしながら、歴史的資源、自然景観的な資源、観光レジャー的資源の複合的な活用を図り、また、町の観光イメージとの整合性を図り、町のシンボルとなるよう整備しております。

「山開き」等には沢山の登山愛好者が訪れ、麓には「ぼうじゅ館」、「コテージ村」が整備され、休憩と宿泊もできるようになり、登山者には大変好評です。

?梅は「町の木」でもあり、21世紀を展望した、農村農業の活性化の一環として、農業で生活できる(米プラス梅)まちづくりを目指して、平成4年度からの10年間を第一期として計画を進めております。また、町とJAから福井県の果樹園芸試験場へ職員を派遣し、梅の栽培技術習得に努めております。

実験圃場では町の気候や風土に適するとされる「越の梅」、「白加賀」等を中心に植樹しながら、この梅を使用しての特産品開発に努めております。

?高石野(たかいしの)遺跡は、縄文時代後期から晩期にかけての海浜集落とみられ、多くの遺物が出上し、その中でも1982年(昭和57年)に出土した土笛は大変めずらしく、学術的にも貴重な発見とされています。この土笛を起爆剤に「まちおこし」をと「土笛の里」構想を策定いたしました。平成元年には民俗資料館「縄文の館」が完成し、土笛等の展示、平成5年3月には文化人招へい条例が制定され、その第1号に作曲家仙道作三氏を迎え、平成7年から縄文ページェント(野外劇)が開催され、今年で3年目を迎えます。このページェントは縄文編(舞踏、太鼓)と民俗編(伝統芸能、民話劇)等で構成され、町民1,500人以上(全町民の約4分の1)の参加する創作劇です。

平成9年7月には体験学習物産館が完成いたしました。ここでは町の特産物販売コーナーやレストラン、土笛などの制作できる体験学習室などがあります。

これらの4大プロジェクトを活かし、今後の町の活性化、発展に努めていきたいと思っています。

007-2.jpg

 

007-3.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,647位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
1,107

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年9月号(121号)
8.自治だより平成9年11月号(122号)
9.自治だより平成10年1月号(123号)
10.自治だより平成10年3月号(124号)
11.コミュニティの地区指定概況
12.REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN
13.フランス地方税便覧
14.ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書
15.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
17.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
18.大都市行政制度に関する調査研究報告書
19.地方税制度に関する調査研究
20.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
21.ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から