日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「銚子地区安全講習会」事業実施記録書・テキスト

 事業名 小型船舶の安全確保
 団体名 関東小型船安全協会 注目度注目度5


(W) 荒天時の操船(ヨット)

1. はじめに

ヨットは従来ロールオーバーして浸水しても予備浮力があり傾斜角180°付近で転覆モーメントが0になるとその姿勢のまま周囲のちょっとした風や波の外力を拾って浮心が変位し再び復原偶力を得て正立するのがヨットのヨットたる所以であったが近頃のヨットのデザインアイディアはスピード優先の傾向があるためかLがより長い,帆の面積がより大きい,船体がより軽い船が建造される傾向がある。

スピードの追跡はどうしても安全性の犠牲を伴うのでスキッパーは自艇の安全運航について十分な耐航認識を以て行動する必要がある。

20ft前後のヨットは外洋で荒天に遭遇すると反対にかえされて波に乗りきれないので帰港は早目に決断する。

小型ヨットは風力5.外洋ヨットは風力7までは問題無く走れなければならないとか色々と言われているが荒天の基準をどこにとるかは艇の性能と自分の帆走技倆との兼ね合いの問題であるから環境への適応はセーラーとしての自己判断で決定されるべきである。

 

2. ヨットマンの荒天操船

沿岸小型ヨットは荒天を予知したら早目に避難するのが最善で,またそうしなければならない。

外洋大型クルーザーは荒天になっても逃げ場がないから時化に対する対応は命がけとなる。

@ヨットの荒天時のアクシデント

イ. 転覆   ロ. マストの折損   ハ. バウ沈   ニ. 落水   ホ. 船体損傷(キール)へ.プロペラヘの索類の絡み   卜. セールの損傷   チ. 乗揚   リ. ラダー故障   ヌ. 浸水

Aセーリング

荒天中のランニングは一番危険である。裏風を受けてワイルドジャィブしたり,小型艇はバウ沈したりする。

ランニング中はセールを真横に張るからセールのC.E(風圧中心)が艇から一番離れることになりウェザーヘルムとなるのでリーザイドヘ当舵をとっているところにいきなりジャブされると当舵方向とウェザーヘルムが一致してはげしく切り上がりブームの急回転で転覆したりする。

チラーは絶対手から離さないことが必要。また前後方向で言えばC.Eは艇の前方に来るので艇首が水中に入り込んでしまう。時には縦方向にオーバーロールしてしまうこともある。

小型艇は艇の後部へ移って操船し,風上に切上ってシートをはなしできるだけバウ沈しないようにする。

荒天中上りで帆走する場合クローズホールドで走ると小型艇はヒールやリーウエイが大きくなるからできるだけクローズドリーチで走り傾斜による波の浸入を防ぐ。

追及でブローチングの恐れがある場合は艇尾からロープをバイトにとったり,シーアンカー等を曳いて走る。

ウエアリングも回頭の過程でジャイビングを伴うので,タッキングで間切りながら荒天を走るのが安全。

いずれにしても強風下のランニングは保針しにくく,ローリングも大きく先に述べたバウ沈のリスクもあるので細心の注意をしてもらいたい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,648位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
5,190

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「那珂湊地区安全講習会」事業実施記録書・テキスト
2.「那珂湊地区安全講習会」講習会風景写真
3.「御前崎地区安全講習会」講習会風景写真
4.「銚子地区安全講習会」講習会風景写真
5.海事思想普及パンフレット
6.海事思想普及事業「子どもの体験航海(逗子マリーナ)」航海風景写真
7.安全運航教本「雲形と天気」
8.「御前崎地区安全講習会」事業実施記録書・テキスト
9.「安全パトロール平成9年度 第1号」パンフレット
10.広報誌「安全パトロール通巻53号」
11.「みんなで守ろうルールとマナー」ポスター
12.「実技(水上バイク)講習会」事業実施記録書
13.「実技(水上バイク)講習会」テキスト第1号
14.「実技(水上バイク)講習会」テキスト2
15.「実技(水上バイク)講習会」テキスト3
16.「実技(水上バイク)講習会」テキスト4
17.「実技(水上バイク)講習会」風景写真
18.「小型船舶の安全確保」の報告書
19.海上安全指導員のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から