日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「銚子地区安全講習会」事業実施記録書・テキスト

 事業名 小型船舶の安全確保
 団体名 関東小型船安全協会 注目度注目度5


Bリーフ

荒天中は縮帆して走るのが常識である。外洋艇は必ずストームセールを搭載すべきでストームセールにはストームジブとトライスル(メンセール専用)がある。

荒天を予知したら早目のリーフが肝要で,強風になってからの縮帆は困難を伴う。(縮帆の時期は一概に言えないが小型艇では風速7m位になったとき,外洋艇ではローリングがはげしくなったリプローチングしそうになり舵ききが悪くなった時が縮帆の目安であろう。)

普通時化てくる前に風に立てジブからリーフしていく。詰開(上り)ではあまりリーフしすぎるとかえって操船しにくくなる。

縮帆には現在色々なギヤーが開発されている。昔からマストとブームとセールは一体だと言われていてリーフすればぎこちなくなるが,荒天時,簡単にリーフできるのは作業の安全性の上からも有難いことである。

メンスルの縮帆にゾフィーリーフ.ジブの縮帆にファーリングジブ.ブームを回転しメンスルを廻き取るローラーリーフ等がある。

強風時にはリーフかストームセールに張り替えるかする。

ファーリングシステムは現在セーラーの荒天時の武器である。

Cヨットの機走等

荒天中セールを下しベアポールの状態で機走するのはヨットの水線下船体構造から考えてもあまり感心しない。ヨットは帆走してこそヨットであるからその特性を生かしてストームセールで走るべきである。

また,荒天中のディスマスト(折損)はステイやシュラウド.スプレッダーの切断破損に原因することが多いから,これ等高所の索類・構造のメンテは日頃から充分しておかなければならない。

Dheave toとlying to

荒天のため,もはや続航不可能となった場合,(入港天明待ち等のときにheave toすることもある。)等はこの荒天操船を行う。

heave to

ジブを降ろしメンスルは深くリーフするか,トライスルを使う。メンを引き込みチラーを風下に固定する。太洋の中なら問題無いが陸岸があるときは充分距離を保つこと。

lying to

ヨットの復原力消失角は普通,80°〜130°と言われており,ヨットは転覆しても又起き上がるものだと思いこんでいる人もいる。

この理解はある程度正しく又そうあるべきである。そのためにはヨットの予備浮力の確保が絶対条件である。ボイドへの浮力材の充填,キャビンルーフに固定式自動膨張ラフトの取付けを+面とすれば180°転覆した後のマストの長さ(抵抗)キール.バラストの軽さは-面である。

ヨットのスタビリティー(復原力)が抜群のところから荒天時ベアポールにして後は何もせず風浪をビームに受けて,流されるにまかせ時化の静まるのを待つのもlingの一法である。

別法はシーアンカーの投入であるがヨットの場合,船首からシーアンカーを投下しても風に船首が立たない。

浸水部にディープキール(バラストキール.ヒィンキールetc)をもつためである。投下するときは必ず船尾から投下する。

ヨットの海難事故が絶えない。これらの悲しい犠牲がこれからのヨットの設計に荒天操船の指針に尊い教訓として生かされることを祈らずにはいられない。

 

―参考図書―

旧制高等商船(現東京商船大)航海学教課書“行船法”

吉野令二著 ヨットのA.B.C

雑誌 C.W

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,648位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
5,190

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「那珂湊地区安全講習会」事業実施記録書・テキスト
2.「那珂湊地区安全講習会」講習会風景写真
3.「御前崎地区安全講習会」講習会風景写真
4.「銚子地区安全講習会」講習会風景写真
5.海事思想普及パンフレット
6.海事思想普及事業「子どもの体験航海(逗子マリーナ)」航海風景写真
7.安全運航教本「雲形と天気」
8.「御前崎地区安全講習会」事業実施記録書・テキスト
9.「安全パトロール平成9年度 第1号」パンフレット
10.広報誌「安全パトロール通巻53号」
11.「みんなで守ろうルールとマナー」ポスター
12.「実技(水上バイク)講習会」事業実施記録書
13.「実技(水上バイク)講習会」テキスト第1号
14.「実技(水上バイク)講習会」テキスト2
15.「実技(水上バイク)講習会」テキスト3
16.「実技(水上バイク)講習会」テキスト4
17.「実技(水上バイク)講習会」風景写真
18.「小型船舶の安全確保」の報告書
19.海上安全指導員のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から