日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成9年度里親研修会テキスト

 事業名 里親制度の普及振興
 団体名 全国里親会 注目度注目度5


(3) 当該児童の就労によって得た金銭については、児童福祉施設最低基準(昭和23年厚生省令第63号)第45条第4項の規定に準じて取り扱うものとする。

7. 費用

措置継続については、当該施設の入所定員の範囲内で行うこととし、措置費の支弁の対象であること。

 

第2 再措置について

都道府県知事等は措置を解除し就職した後、何らかの理由により離職し、自立するに至っていない児童等について、再び養護に欠ける状態にある場合には、児童相談所の児童福祉司による訪問指導や一時保護の活用及び施設職員による訪問指導を充実させることにより、養護に欠ける状態の解消を図ることが重要であり、更に必要な場合には、各養護施設の理解と協力を得て、再措置に努めること。

 

9. 障害児家庭養育機能に関する研究報告書(抜すい)

 

障害者里親事例調査の結果は資料編に詳述されているが、その概要と、そこから導き出される障害児里親事業推進のためのいくつかの方策を述べる。

1. 障害児を里子として受け入れた動機・気持は次の2通りに大別される。

(1) 実子に障害児がいたため、障害児養育に社会的意義を感じた。

(2) 要養護児(里子)はすべて何らかのハンディキャップを背負っているので、障害もそのひとつに過ぎない。

2. 障害があれば養育に多くの手数がかかるのは当然として余り問題にしていない。

里親の家族の対応は、最初からそのことを考慮して引き受けていたため、概ね問題はない。ただ実子との間でトラブルが起った例はある。

家族の病気や急用による旅行等緊急時の一時的な世話については、里親

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,008位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
2,540

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.機関誌「里親だより」第56号
2.里親月間ポスター
3.「里親制度の普及振興」の報告書
4.高齢者社会における肢体不自由者の人生設計
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から