日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成9年度里親研修会テキスト

 事業名 里親制度の普及振興
 団体名 全国里親会 注目度注目度5


とくに人格の基礎を形成する時期にある幼児の場合には、個別的養育の可能な里親制度はすぐれたものとされている。

 

2. 里親事業の推移

 

現行の里親制度は、昭和22年に制定された児童福祉法によって、家庭に恵まれない児童のための施策の1つとして制度化されたものである。

里親制度の運用方針については、翌昭和23年の10月4日付厚生事務次官通知で「家庭養育運営要綱」が定められた。しかし、子どもを取り巻く社会的諸条件の変化に対応して、昭和62年に40年ぶりに全面改定され、新しい「里親等家庭養育運営要綱」が昭和63年1月1日から適用されることとなった。その全文を参考資料5及び6に掲げたが、主なる改正点は次のとおりである。

? 里親制度の理念の改正

特別の篤志家に里親になってもらうという従来の考え方を改め、広く里親を求め、普通の人を立派な里親に育てて行くという理念を打ち出したこと。

? 里親の再認定

従来、やむを得ない事由により里親が申し出なければ半永久的に里親として登録されたままになっていたことを改め、里親として活動できる者であるかどうかを定期的(5年以内で県の定める期間ごと)に確認を行う規定を設けたこと。

? 研  修

里親に対する研修の規定を設けたこと。

新規に登録された里親も含めて、児童相談所が中心となって各県里親会の協力を得て実施することが予定されており、国でもそのための費用の予算化をした。

? 単親里親の容認

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,003位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
2,576

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.機関誌「里親だより」第56号
2.里親月間ポスター
3.「里親制度の普及振興」の報告書
4.高齢者社会における肢体不自由者の人生設計
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から