日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成9年度里親研修会テキスト

 事業名 里親制度の普及振興
 団体名 全国里親会 注目度注目度5


? 里親制度の発展について

 

1. 家庭養育の意義と里親制度

 

児童はその両親のもとで、家庭において養育されることが最も望ましい。わが国の児童憲章は「すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもって育てられ、家庭に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。」と謳っており、また、国際連合で採択された児童権利宣言第6条には「児童は、その人格の完全な、かつ調和した発展のため、愛情と理解を必要とする。児童は、できるかぎり、その両親の愛情と責任の下で、また、いかなる場合においても、愛情と道徳的および物質的保障のある環境の下で育てられなければならない。幼児は、例外的な場合を除き、その母から引き離されてはならない。………」と述べている。

平成6年には「児童の権利に関する条約」(参考資料11)が批准発効され、その前文において児童は「家庭環境の下で幸福・愛情及び理解のある雰囲気の中で成長すべきである」と謳われている。

社会には、両親などの保護者がいない児童、或いは親に養育させることが適当でないと認められる児童など、家庭に恵まれない児童がおり、児童をその家庭とは異なるところで保護しなければならない場合がある。その場合においても、できる限り家庭的な暖かい愛情となごやかな雰囲気のなかで児童を養育することが、児童福祉の基本的な原理である。

このような児童に対しては、現在乳児院(1歳末満児)及び養護施設(1歳以上18歳末満児)等による施設養護と里親制度による家庭養護のいずれかの方法によって、その福祉をはかっている。いずれの場合においても家庭的養育を十分配慮することが重視されているが、とくに里親制度は、このような児童を養育することを希望する個人家庭に預けて、家族・親子関係を中心とした家庭養育をはかる制度であり、児童の中でも

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,008位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
2,540

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.機関誌「里親だより」第56号
2.里親月間ポスター
3.「里親制度の普及振興」の報告書
4.高齢者社会における肢体不自由者の人生設計
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から