日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・工事編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

中線電路及び水中音響機器送波器電路、サイリスタ応用機器電路などをいい、敏感電路とは、受信空中線電路、水叫暗響機器受波器電路などをいう。

(7) 磁気コンパス付近のケーブル布設

磁気コンパスの近くには、ケーブルを布設しない、やむを得ず布設する場合は、回路を開閉しても、発生する磁界によって磁気コンパスの指度に影響を及ぼさない距離をとること。

(8) 船体伸縮継手部のケーブル布設

ケーブルは、できる限り、船体構造物の伸縮する部分を横切って布設することを避けなければならない。やむを得ず布設する場合には、ケーブルは、伸縮する部分の長さに応じた半径の湾曲部を設けて布設しなければならない、この半径は、ケーブル外径の12倍以上としなければならない。

(9) カーボールド内のケーブル布設

カーフェリー、自動車運搬船などのカーボールド内に、重要用途や非常用の動力及び航海装置用などのケーブルを布設することが避けられない場合には、IEC331の試験に合格した耐燃性ケーブルを使用するか、又は、これらのケーブルをA60相当以上の防熱を施した鋼管内又は鋼製ダクト内に布設すること。

(10)石炭運搬船貨物倉内のケーブル布設

貨物倉を通過するケーブルは気密の厚肉鋼管に収め、管の両 端は倉外に出る部分で電線貫通金物などにより封鎖すること。

4.5.2 危険場所の電気設備

 液化ガスばら積船及び液体化学薬品ばら積船の電気的危険場所においては、「危険物船舶運送及び貯蔵規則」の第236条及び第300条に基づいて「船舶検査心得」で使用が認められている本質安全防爆構造の電気設備及び附属書の電気設備以外使用してはならない。(付録2参照)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
125位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
112,022

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・設計編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から