日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・工事編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

(4) 冷蔵倉内のケーブル布設

冷蔵倉内に布設されるケーブルは、次による。

(a) ビニル絶縁ケーブルを使用する場合には、倉内の低温に耐えるものであること。

(b) ケーブルは、鉛被のもの、あるいは防水性がよく倉内の低温に耐える材質のシースを有するものであること。

(c) ケーブルは、原則として防熱装置の内部に埋込まないこと。

(d) ケーブルが防熱装置を貫通する場合には、これと直角に布設し、両端を密封した管に納めること。

(e) ケーブルは、天井、側壁又は通風ダクトの表面から離して布設し、導板、ハンガ又はクリートで支持すること。ただし、がい装上に防食層を施したケーブルを使用する場合には、これらの表面に直接布設することができる。

(f) ケーブル支持用の帯金、導板、ハンガなどは、亜鉛めっき又は他の適当な防食処理を施したものであること。

(5) 本質安全回路のケーブル布設

(a) 本質安全防爆形電気機器の本質安全回路のケーブルは、専用のものとし、一般回路用ケーブルとは、分離して布設しなければならない。

(b) 種類の異なる本質安全防爆形電気機器の本質安全回路は、原則として、それぞれ別個のケーブルで配線しなければならない。やむを得ず多心ケーブルで共用する場合は、各心又は各対ごとに遮蔽を施したケーブルを用い、遮蔽を有効に接地しなければならない。

(6) 誘導障害に関するケーブル布設

一般電路と後述する妨害電路又は敏感電路が並行する場合は、妨害電路は450?以上、敏感電路は50?以上一般電路から離して布設する。ただし、一般電路と直交する場合は、この限りでないが、機器メーカーと十分協議すること。なお、妨害電路とは、レーダー変調器のパルス電路、送信空

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
124位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
112,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・設計編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から