日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


吹鳴制御装置は、信号発停に適合した電気制御回路で構成され自動信号装置などが設けられ、吹鳴操作は押ボタンスイッチで行なわれる。

なお、自動信号装置は、主に霧中信号を発信するもので、信号に応じた吹鳴休止時間を前もって設定しておき、タイマーにより反復動作させるものである。

また、音響信号と同時に動作する視覚信号として白煙信号装置又は発光信号装置が併用される場合があるが、このときは汽笛の制御回路と連動する別の回路を設け、汽笛と同時に動作するようにする。

 

7.1.7 拡声装置

拡声装置は、操船・荷役指令、船内指令などに使用されている。

操船・荷役指令装置は、400Wz船上通信装置と組合されている。

船内指令装置は、娯楽放送設備と一体化されたり、着信装置により自動交換機と結合されているものもある。構成は増幅装置、スピーカ、マイクなどからなり、指令目的及び周囲の状況に応じた適当な容量のスピーカで特定の場所から指令放送を行う。

 

7.1.8 警報装置

警報装置は、非常に範囲が広く、すべてを述べることはできないので、ここでは一般的な警報装置について述べる。

-1.一般警報装置

船内一般警報(ゼネラルアラーム)といわれるもので、その構成は次のとおりである。

なお、IM017回総会(1994年)の決議により75dB以上の音圧レベルを要求される方向にあるので、注意を要する。

(a)スイッチ……普通、操舵室に装備する。

(b)ベル……各甲板ごとに適当数。

(c)モータサイレン又は電子ホーン………機関室に適当数。

防音構造の集中制御室などは、ベルとするのが普通である。

(d)ヒューズ箱……隔壁甲板上適当な場所に装備。箱内にはヒューズ

を装備し、各甲板ごとに1回路とする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
22位
(33,670成果物中)

成果物アクセス数
332,636

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月24日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から