日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(4)投光器取付高さ照射すべき点に対し、投光器の偏角が小さいと最大照度の位置が手前になり、偏角を大きくすると取付位置が高くなり船外に無駄な光を照射することになる。俯角は30゜〜40゜程度が適当である。しかし、実際には、長大な甲板を遠いところから照射するため、俯角が15゜ぐらいとなることが多いので、単一投光器による等照度曲線を作っておき、それを甲板平面図上に重ねて、できるだけ平均化された照度を得ることができるように計画する。

(5)灯数概略決定法

初期計画時に、投光器のワット数及び数を大まかに決めたいときは、次式による。ただし、この場合、灯具の種類及び数は、あらかじめ仮に定めてから計算する。

E=(U・(N1・Fl+N2・F2+………NK・FK))/(A・D)

ここで

E:所要照度〔lx〕

D:減光補償率

U:ビーム光束の利用(0.85)

Ni:Fiなるビーム光束の投光器の数

FiI:狭角の場合1/10ビーム光束〔lm〕、中角及び広角の場合1/2ビーム光束〔lm〕

K:灯具種類の数

A:被照面積〔u〕

 

6.5 船灯の種類と性能

-1.船灯は、海上衝突予防法と海上交通安全法に基づいて船舶に掲揚する灯具である。海上衝突予防法は、国際条約の一つである国際衝突予防規則に基づいて制定されているので、それによる船灯は

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
294,793

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から