日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


-10.発電機設置上の注意

発電機を設置する場合、駆動方式により次の注意が必要である。

(1)原動機とリジッド直結させる場合

原動機とリジッド直結させる場合には、必ず原動機メーカー

又は発電機メーカーの指示に従って正しく直結する必要がある。

特にねじり振動については、設計の段階で十分協議する必要がある。

(2)原動機とフレキシブル直結する場合

直結材料によってはスラスト荷重(回転速度との関係)がかかる場合があるので、よく注意する必要がある。

(3)ベルト駆動する場合

発電機、取り分け集魚灯用発電機は、小形軽量化が進み高速回転のものが多くなっている。したがって原動機プーリーとの関係で発電機プーリーを小さくし、伝達馬力をプーリーの張りとか本数を増して補うケースがあるが、これは発電機のペアリング部に無理な力がかかり、寿命を著しく縮めることになるので、注意しなければならない。

 

2.3.3 発電機の容量と台数

発電機及び原動機は、定格を超えないで、定格出力の約10%の余裕を保って運転されるのが一般的に効率がよいといえる。

発電機の定格は、特殊な場合を除き、全負荷連続定格とし、過負荷短時間定格を持たないものを使用している。

発電機の力率は、厳密には船内の各電気機器の負荷電流のベクトル和から船内総合負荷力率を求め、この総合負荷力率に等しいか又はこれを下回る力率とする必要がある。しかし、一般には総合負荷力率は経験的に0.8前後となるので、特殊な場合を除き0.8で設計しておけば支障はないものと考えられる。

発電機の容量と台数を決定する場合には、電力調査表に基づき、各負荷時の需要電力や負荷変動の程度を十分に考慮しなければならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
22位
(33,678成果物中)

成果物アクセス数
332,767

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月31日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から