日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

2.3 発電機

 

2.3.1 発電機の形式

-1.交流発電機

最近の般用交流発電機の励磁方式としては、自励方式又はブラシレス方式がほとんどで、直流発電機を励磁機として直結する他励方式のものは採用されていない。

交流発電機は、静止励磁装置を発電機本体の上部に搭載したものが多く、設置場所の節約と、冷却風の取入れを励磁装置を通して強制冷却することにより部品の小形化を図るなどメリットが多い。

全閉形発電機にあっては、上部に空気冷却器を搭載し、海水又は清水で冷却した空気を循環させる方式をとる。

空気冷却器は、管の破損に対して冷却水が機器内部に侵入しないように管を二重にするなどの安全対策が必要であるが、空気冷却器が故障しても定格出力が出せるように考慮されている。

回転子は、究極形と円筒形のものがある。両者は性能面ではほぼ同等であるが、高速大容量のターボ発電機に対しては、強度上優れている円筒形が用いられている。

発電機の絶縁については、近年F種絶縁のものが多く使用されるようになったが、小形発電機ではメーカー標準によりB種絶縁が使用される場合もある。

-2.直流発電機

直流発電機は、蓄電池充電用には分巻発電機が適しているが、一般には複巻電竈機を採用し、負荷変動による電圧の変動を少なくしている。

 

2.3.2 交流発電機

-1.外被の保護形式船舶用発電機の保護形式には、?保護形、?防滴形、?防滴保護形、?全閉内冷形があるが、一般には防滴保護形が多く使われている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
22位
(33,678成果物中)

成果物アクセス数
332,767

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月31日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から