日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(1)直流では、導体間又は導体とアース間の電圧が50Vを超えないとき。

(2)交流(実効値)では、導体間又は導体とアース間が50Vを超えないとき。

-10.電圧、周波数の変動

直流機器では、電圧が定格値の90%から106%まで変化しても支障なく動作する必要がある。

交流機器では、定格周波数のもとにおいて、電圧が定格値の90%から106%まで変化しても、また定格電圧のもとにおいて周波数が定格値の±5%変化しても、支障なく動作する必要がある。なお、電気投入式遠断器では、定格電圧の110%ないし85%で確実に動作しなければならない。

-11.考慮すべきその他の事項

外部磁界の影響、筍気機器の運転中の騒音、電気機器の動作中の火花及びアーク、電気機器の動作中の赤熱部など高温を生じる部分、無線通信及び通信の障害、波浪及び風圧、船体の衝撃、操作、手入及び調整、計器の夜間照明の遮光、回転機の据付け方向、感電防止、火災防止、防鼠などに対して十分な考慮が必要である。

 

1.3.2 電気機器の外被の保護形式とその試験方法

NK鋼船規則検査要領によれば、電気機器の外被の保護については、次のように規定されている。

-1.電気機器は、装備場所に応じて、次の保護外被を有するものを使用する。それらの構造及び試験方法は表1.12による。

製造者は、初めの製品について少なくともそれの該当する試験を行い、製品に表示する保護外被構造の有効性を確認するものとする。また、NK検査員が必要と認める場合は、製品の試験を行う。ただし、防爆形電気機器は規則H編1.2.1−4.の形式試験が必要である。

(1)機関区域、甲板室、倉庫等の水滴、油などの落下のおそれのある場所に装備するものは、少なくとも防滴形構造

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
294,793

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から