日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

タイ国国鉄バンコク?チェンマイ間速度向上計画予備調査報告書

 事業名 海外における鉄道技術セミナーの開催
 団体名 海外鉄道技術協力協会 注目度注目度5


 

4・2 高性能振り子車両(新スプリンター)の導入

 

4・2・1 狭軌鉄道における高速化

(1)狭軌鉄道の現状

(表4・2−1)に主な国の狭軌鉄道を紹介する。営業運転における最高速度は、南アフリカの160km/hが最も高く、続いて日本の130km/h(一部140km/h)、タイ及び台湾の120km/hとなっている。狭軌鉄道は標準軌や広軌の鉄道に対し、高速走行の面で不利であることは言うまでもない。

しかしながら、1978年には南アフリカ国鉄が、試験走行ながら当時としては標準軌や広軌鉄道に匹敵する、245km/hの高速度を達成している。さらに、近年の車両技術の進歩により、車両の動力性能が飛躍的に高まっており、狭軌鉄道でも現状を大幅に上回る高速化は十分可能であると思われる。

 

表4・2−1 世界の主な狭軌鉄道

国名 軌間(mm) 営業距離(km)(狭軌のみ) 電化率(%) 最高運転速度(km/h) 軸重(トン)
日本 1,067 24,000 62.1 130 16.0
台湾 1,067 1,071 45.8 120 15.0
フィリピン 1,067 805 - 75 不明
タイ 1,000 3,870 - 120 15.0
マレーシア 1,000 1,652 - 80 16.0
ミャンマー 1,000 3,137 - 64 12.0
インドネシア 1,067 6,458 0.8 80 15.0
バングラディシュ 1,000 1,872 - 74 12.0
スーダン 1,067 4,725 - 70 16.5
モザンビーク 1,067 3,696 - 80 18.0
南アフリカ 1,065 23,259 33.0 160 20.5
ナイジェリア 1,067 3,565 - 110 20.0

(1990年 JARTS世界の鉄道データ集より)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
884位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
11,007

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.REPORT ON THE PRELIMINARY STUDY OF THE PROJECT FOR THE CONSTRUCTION OF A NEW TRANSPORT SYSYTEM IN CAPE TOWN IN THE REPUBLIC OF SOUTH AFRICA
2.PRELIMINARY STUDY ON STATE RAILWAY OF THAILAND NORTHERN LINE TRANSPORT TIME REDUCTION
3.SEMINAR ON RAILWAY MODERNIZATION IN MYANMAR
4.SEMINAR ON MODERNIZATION OF RAILWAY TRANSPORT IN CAMBODIA
5.「海外における鉄道技術セミナーの開催」の報告書
6.平成8年度「高密度輸送の快適化の研究」事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から