日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

輸出船市場調査研究報告書 エリア17(ノルウェー・スウェーデン・フィンランド・デンマーク)

 事業名 中型造船業における国際協力
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


従って、対ノルウェー取引きのルートは、直接船主と接触して交渉するケースと、このエ一ジェントを通じて船主と交渉するケースのいずれかになる。
 
(7)歴史的、経済的なつながり
わが国とノルウェーとの通商取り決め関係としては、1957年に発効した通商航海条約があり、両国は伝統的に友好関係にある。特に最近では政治・経済・文化の面で、ノルウェーの対日関心が高まっている。
ノルウェーと日本との貿易は例年ノルウェー側の大幅な入超(1991年6億1,140万ドル、92年10億6,130万ドル)となっている。しかし、ノルウェーの国際貿易収支が黒字を続けているため、2国間の貿易摩擦は現在のところ生じていない。
 

ノルウェーの対日貿易額

 
ノルウェーの貿易における対日輸出のシェアは、僅かに1.5〜1.8%程度を占めているに過ぎず、輸入についても拡大傾向にあるものの、5.0〜6.4%のシェアにとどまっている。
ノルウェーの貿易相手国として、日本は輸出では12位(1992年)、一方輸入についてみると日本は6位(同年)となっている。
ノルウェーの対日主要輸出商品は、魚介類(シシャモ、ニシン、エビなど)を筆頭に、合金(フェロ・シリコン、鉄合金など)、無機質化学工業製品(製鋼用シリコンなど)、非鉄金属(ニッケル、アルミなど)、紙・板紙・紙製品などのほか、一般消費財(家具、セーター、毛皮、チーズなど)、一般産業用機械、各種舶用機器、動力機械などがみられる。
 
 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,635位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
6,059

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.輸出船市場調査研究報告書 エリア1(シンガポール・インドネシア)
2.輸出船市場調査研究報告書 エリア2(タイ・マレーシア・シンガポール)
3.輸出船市場調査研究報告書 エリア3(インド・パキスタン・パングラデシュ・スリランカ)
4.輸出船市場調査研究報告書 エリア4(インドネシア・フィリピン)
5.輸出船市場調査研究報告書 エリア5(太平洋諸島含パプアニューギニア)
6.輸出船市場調査研究報告書 エリア7(トルコ)
7.輸出船市場調査研究報告書 エリア8(エジプト・リビア・アルジェリア)
8.輸出船市場調査研究報告書 エリア9(チュニジア・モロッコ)
9.輸出船市場調査研究報告書 エリア10(メキシコ・グァテマラ)
10.輸出船市場調査研究報告書 エリア11(コロンビア・ベネズエラ・トリニダードトバコ・エクアドル)
11.輸出船市場調査研究報告書 エリア12(ペルー・チリ・アルゼンチン・ウルグアイ・ブラジル・パラグアイ)
12.輸出船市場調査研究報告書 エリア13(ロシア・中国)
13.輸出船市場調査研究報告書 エリア14(オーストリア・ブルガリア・ハンガリー・ポーランド・ルーマニア)
14.輸出船市場調査研究報告書 エリア15(フランス・オランダ・ベルギー・英国・ドイツ)
15.輸出船市場調査研究報告書 エリア16(イタリア・スペイン・ポルトガル)
16.輸出船市場調査研究報告書 エリア18(セネガル・モーリタニア・カナリー諸島・リベリア・ガーナ・ナイジェリア)
17.輸出船市場調査研究報告書 エリア19(シェラ・レオーネ・コートジボアール・ギニア)
18.輸出船市場調査研究報告書 エリア6(サウジアラビア・クウェート・アラブ首長国連邦・オマーン)
19.輸出船市場調査研究報告書 エリア20(スーダン・ケニア・タンザニア・南アフリカ共和国・マダガスカル<付レユニオン>)
20.輸出船市場調査研究報告書 エリア21(ニュージーランド・オーストラリア)
21.「中型造船業における国際協力」の報告書
22.災害防止マニュアル 職種別?溶接編?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から