日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

展開法によって、その近似の傾向は異なり、隣接する板が同一展開法なら相殺に働き、異なる展開なら近似の矛盾が出易い。

後工程の精度保持の実状も考え合せる必要がある。

6.2 基線法

展開面上に直線を置き、その線を基準として、実長を追う展開法で、詳しくは基準線法(Base Line Method)と言い、多くの類型があるこの方法に共通する利点は、これまで説明したタスキやマカネの方法が、現図上で展開図形を求めねばならないのに対して、現図では実長関係だけ求めておけば、その現寸で取材時に展開が行えることにある。

6.2.1 基線展開の基本

図2.6.25は、3Frよりなる外板曲面の正面線図である。

基線の立て方:

?@中央のFr線を基準にすることとし、その上下端を直線で結ぶ。

展開の原理に、実長の見える線に垂線を立てれば、その垂線は展開面でも、実長の見える線に直交する、とあるが、正面Fr線は曲線であり、曲線への垂線は作画上定め難い。

そこでこのFr線弧の代りに弦を垂線の対象に用いるためである。

?Aその弦のほぼ中央に垂線を立て、これを展開基線に決める。

この状況を空間見取図(図2.6.26)に示す。

063-1.gif

図2.6.25

 

063-2.gif

図2.6,26

 

基準Fr線(弧)とその弦は、基準Fr面に含まれ、展開基線は、このFr面に直交する面(基線面)に含まれる。

この基線面上で基線は曲線であるが、正面での前後Frの「落ち」に大きな差がなければ、曲り量は僅かで、この展開したい曲面の四つ角を、同一平面上になるように押下げて拡げると、得られた形状は展開形状であり、そのとき基線は基線面上を動いて、同じ実長の直線になる……と推論するのである。

この押拡げて展開したとき、基準Frはどうなるか、基準Fr面と展開基線は斜交しており、Fr線の両端点は、押拡げによりそれまで載っていた基準Fr面を離れ、展開平面上に落ちる。正面Fr線の弧(曲線)は実長を同じくしながら、展開平面上に移るが、Fr端点間の距離は拡

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
66位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
163,570

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から