日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

?@板長の中間に近いFrを基線に選び、そこだけマカネでUシーム位置を決めるこのとき平板部Fr線の延長から、UシームFr端点の外れ量寸法を、シーム・バックセット(B.S.)と呼ぶことがあるこのシームB.S.は一般曲面展開での「転び」とは異る意味のものである。

?A基線Frの展開を押えて、各Fr線実長とUシーム実長で追って、展開を求めることにしてよい。

ここで注意しておきたいのは、同じ曲り形状でも平面部が図2.6.23Bのように狭い場合であるこのようなシームは曲げ加工の必要な板を減らすためによく採用されるこれはもう平板部を含む外板とは扱わず、つまりロール展開とはせず、主体となる曲面部を捉えた展開法を適用したい。

ここで平面と曲面のいずれも含む外板の展開判断を示す。(図2.6.24)

062-1.gif

図2.6.23B

 

062-2.gif

図2.6.24

 

?@曲面が周縁2辺しか持たない場合:すでに曲面部はT.L.と合わせて三角形を形作るから、マカネとか基線とか不要で、Fr線やシーム・バットの実長だけで展開が追える便宜上これもロール展開とする。

?AT.L.が板の両シームに行当たっている場合(平・曲両面とも周縁が3辺):T.L.から押えられる範囲はロール展開しての展開に残曲面部のタスキ展開を付加するまたは次の場合と同じ方法とする。

?B平面が周辺2辺しか持たない場合:曲面部のみに、次項及び以下で説明する一般外板展開法を適用し、その展開に平板部を付加するまたは平板部は押えることにして、全体をそれら外板展開の手法による。

この判断はあくまで参考である実際にはその具体的な形状と、どちらのシームが、先に板継きされるブロック内継手か、伸しが含まれていてあと仕上げられるか、により決めるべきである。

繰返して強調するが、船体外板曲面はすべてと言ってよく非可展面で、非可展の展開は近似にすぎない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
60位
(33,678成果物中)

成果物アクセス数
185,899

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月31日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 工場管理
2.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
4.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
6.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
7.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
8.通信教育造船科講座 艤装
9.通信教育造船科講座 船舶関係法規
10.通信教育造船科講座 船体工作法
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から