日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船殻設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


とすれば、I=k2×a
あるいは
 
 
で与えられる。
たとえば、第2.22図(a)は中実丸棒で、kは棒の直径dの
0.25倍、図の(b)は中空円筒で、kは円筒の平均直径dm(内径と外径の平均値)の約O.35倍である。
柱を座屈の心配なく圧縮力に耐えさせるためには、細長比はなるべく小さいほうがよく、船で実際に使うときは、中実丸捧のピラーで150以下、中空円筒の特設ピラーで90以下とすることが望ましい。
 
 
 

第3.22図

 
b 両端の支え方
柱の座屈は両端の支え方にも左右される。第3.21図に、いろいろな支え方を示しているが、はりの場合と同様に、(a)を両端支持、(b)を一端自由他端固定、(c)を一端支持他端固定、(d)を両端固定という。これらの座屈応力は、(b)を1とすると、(a)は4倍、(c)は約8倍、(d)は16倍となるから、柱はなるべく(d)のように両端をしっかりと固定して、荷重をかけてもこの部分が常に垂直に立っているように取付け方に気をくばるのがよい。
この場合、とくに注意しなければならないことは、せっかくしっかりと固定しても、相手の甲板や内底板が弱いと、土台もろとも曲がってしまうので、両端固定のつもりでも、実際には支持端に近いものになってしまう。例えば、第3.23図(b)のように、甲板が弱く、内底板が強ければ、下端は固定、上端は支持とみるのが妥当である。
 
 

第3.23図

 
3.4.6 舵
 
一般に舵軸の各断面では、舵面に加わる水の圧力により曲げモーメントMとねじりモーメントQ(これをトルクともいう)とを同時に受けている。これらを求めるには、舵面に加わる水圧の大きさおよび圧力の中心の位置を知らなけれぱならない。
 
 
 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
165,223

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から