日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船体工作法

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


結果になっている。即ち、ブローホールの発生から考えれば、吸湿量は1.4%以下でなければならないということになる。

一方、割れの方から考えると、実験によると、吸湿量が0.2%以下では、割れは、発生しないが、0.3%をこえると、著しい割れが生じることが判っている。従って割れに関していえば吸湿量は0.2%以下でなければならない。

それでは、棒の吸湿量が0.2%をこえるのは、普通の状態では、何時間経過したときであろうか。一般に日本における相対湿度は80%前後であることが多い。第3・12図にもあるように、相対湿度70%ては6時間後で0.5%〜1.0%、相対湿度100%では6時間後で1.0%〜1.5%という結果になっている。したがって、溶接棒は平常貯蔵庫(貯蔵庫の温度は外気より10℃位高いことが望ましい。)に保管して吸湿を防ぐように配慮しなくてはならない。第3・13図は、棒種と単位は異なるが、常温で放置した場合は、2時間以後、急激に吸収量が増大するという測定結果である。

とくに、低水素系の棒は貯蔵庫から出して12時間からせいぜい4時間以内には使用しなくてはならない。一端、吸湿した棒は再乾燥しなければならないが、この再乾燥を目的としたものに乾燥炉がある。再乾燥は一般に、高温度で乾燥すれば、それだけ、乾燥時間は短かくてよい。例えば300℃では1時間位乾燥しなければならないが、350℃では30分程度で同じ位の乾燥ができる。第3・4表に各温度において、どの位の時間をかければ、再乾燥できるかを示したものを記す。0.2%以下に吸湿量がなる線を太線で示したものである。ここで注意しなければならないのは、それでは、乾燥温度は、高ければ、高い程よいかというと、そうではなく、一般に550℃以上では、フラックスの組成がかわってしまい、かえって溶接には悪い結果となる。従って、最高温度は、通常350℃としている。

187-1.gif

第3・13図でもわかるように、乾燥後は、ある程度の高温の貯蔵庫に保っておくことにより、吸湿量の増加を防ぐことができる。従って、乾燥装置とは、別に、電熱器等を入れて、暖めた部屋の中に、溶接棒を置いておき、必要に応じて、所要量を出して、使うことが望ましい。もし、余った棒は貯蔵庫へ返却するのではなく、乾燥炉に戻さなければならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
1,181,610

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から