日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




3.海草やごみなどの侵入防止策がとられていること。

4.内部に保護亜鉛を設け、防食対策がとられていること。

(4)船外吐出口

1.吐出弁の型式、取付け方法、取付け位置が適切であること。

2.舷梯など船外にある装置に対して適切な位置であること。

3.適切な防食対策がとられていること。

1.5 ディーゼル船プラント

1.5.1 一般

ディーゼル船プラントには、ディーゼル主機を動かすための潤滑油系統、冷却水系統、燃料油系統、圧縮空気系統の他に補助ボイラ関連系統やビルジ・バラスト・消防系統、それに清水、海水サービス系統などがある。ここでは、それらを簡単に説明する。


1.5.2 潤滑油系

統潤滑油系統はディーゼル主機の軸受などの潤滑や、ピストンの冷却などを行うシステム油系と、シリンダ、ピストン間の潤滑に用いるシリンダ油系に分けることができる。 発電機関や高速、中速主機などのトランクピストン型機関ではシリンダ油は用いずに、シリンダとピストン間の潤滑にもシステム油を用いるのが普通である。しかしクロスヘッド型機関ではカム軸及び過給機の潤滑、冷却も別系統とし、カム軸にはシステム油を、過給機にはタービン油を使用することが多い。そのほか潤滑油を清浄するための油清浄系統を備えている。

(1)システム油系統

システム油は、主機直結又は電動機駆動のLOボンブにより、主機下部に設けられたL0サンプタンクから吸い上げ、ストレーナーを通した後、L0クーラに送られる。このL0クーラで一定温度に冷却された後、主機に入り、各部軸受、クロスヘッド、ピストンなどを潤滑冷却し、クランクケース下部に溜まった後、サンプタンクに戻る。

(2)カム軸系統

カム軸については、中小型機関ではLOポンプからシステム油が分岐して供給されるが、大型機関では別系統とすることが多く、この場合、潤滑油をカムケース内





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
434,280

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から