日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




2種の流体の温度差 1℃ごとに固体壁 1m2を毎時通過する熱量である。

防熱材科の保温力は主として、物質内部の気泡及び気層の状態によるもので、同一物質においても比重、温度、含水率によって異なる。

材料の保温力は、その熱伝導率をもって判断する。



16.1.3 熱伝導率怯


(1)密度と熱伝導率

一般に密度の増加とともに熱伝導率は大きくなるが繊維状防熱材は密度と熱伝導率とは比例しない。


(2)温度と熱伝導率

一般に温度の増加に比例し、t℃における値 λtが分れば、任意の温度 t1℃は次の式で求められる。


105-1.gif


(3)湿度と熱伝導率

防熱材が水分を吸収すれば熱伝導率は増加する。高温で使用される防熱材は、使用時に乾燥するからよいが、保冷材は吸湿すると役に立たなくなる。



16.2 防熱材料


16.2.1 防熱材料の条件


防熱材料は、その使用場所、目的によって選択しなければならない。また新材料も稻々あるので条件を考慮して十分検討する必要がある。一般に舶用の防熱材料として必要な条件は次のとおりである。

(1)防熱効率の良好なもの

(2)軽量なもの

(3)耐久性のあるもの

(4)銅板などのを腐食させないもの

(5)耐水性で吸水しないもの

(6)不燃性のもの

(7)耐振性のもの

(8)施工簡易なもの

(9)価格が適当なもの





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
436,334

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から