日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




2.3 艤装工事の事前検討


2.3.1 一般


艤装工事の円滑な進行と完成した後の装置の優劣は、工事開始後の作業管理及び工作技能にもよるが、その大半は艤装工事方針を決定する時点での事前検討の深さに左右される。それ程この事前検討は重要なウエイトを占めるものであり、これは艤装工事担当者の積極的な努力と、卓越した力量、工事に対する正確な見通しとが要求される。


2.3.2事前検討の項目


(1)建造仕様書又はこれにかわる基本図等により艤装諸装置の諸元について検討する。

(2)船殼構造特にブロック配置図によるブロック割り、組立順序、日程等を十分に調査する。

(3)各艤装装置を、船殻ブロック分割を考えて区画別配置に置き換える。

(4)区画別配置の概要ができたならば、艤装工程と船殻工程との関連、艤装工程順序を考える。

(5)艤装機器の仕様、メーカー等を調べ、その特性及び艤装工事の主要点(節点)を把握する。

(6)艤装機器、艤装品の入手時期等を調べ、入手、搭載の時期及びそのときの姿をあらかじめ明確にしておく。

(7)各装置でユニットのできるものを十分に調べ、少しでも多くのユニット化を考える。

(8)ユニットとするものが決まったら、社内で製作するか外注するかを決め、またユニット組立て場所を広さ、クレーン使用の可否、運搬経路等を合わせ考えであらかじめ決定しておく。

(9)ユニット化、地上艤装、区画艤装の範囲を定める。

(10)特殊艤装のある場合はこの工事に対する特別な施工計画、注意点を定めておく。

(11)建造時点における艤装工数の山積みを検討し、工事所掌、外注範囲を定めると共に作業員の配員を決定する。

(12)環境整備

作業がしやすく、かつ、安全に行えるように各動力(エアー、ガスサンソ、溶接機、仮灯用分電箱など)やゴミ、スクラップ箱の配置、安全通路や材料置場の線引き、排煙・雨天・排水対策等について建造工程にマッチした安全・品質面でのエンジニアリングを十分に行う。

以上の事前検討項目に対し、設計階段開始の時点でワーキンググループを編成し、十分に討議し、実行に移すことが重要である。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
434,280

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から